「最初の挨拶」にかえて
 大先輩というのは恐れ多すぎるシャーロッキアンの長沼弘毅氏は『シャーロック・ホームズの世界』(1962年文藝春秋新社刊行)の「はじめに」に

「サー・アーサー・コナン・ドイルのつくりあげた名探偵シャーロック・ホームズという架空の人物を、実在の人物であるかのように取り扱って、この人物を縦から横から観察し、彼の手がけた事件の内容やら、その事件の登場人物やら、事件の起こった当時のイギリスの風物やら、その他もろもろのことを丹念に詮索する物好きな研究を『シャーロッキアーナ』(シャーロック学)といいます。また、シャーロック・ホームズの崇拝者、ファン、研究家などを、ひとまとめにして、『シャーロッキアン』といいます。」

 と、書かれています。
 この本が出てから半世紀経った現在でも「もろもろのことを丹念に詮索する物好きな」方々がたくさんおられるのは「ホームズとワトスン」が愛され、シャーロッキアンがたくさんいる証拠でしょう。
 私もJSHCの10周年記念と30周年記念冊子に「ホームズ中毒は治しません」と書いているように、今後もホームズとワトスンにお付き合いを頂いて「縦から横そして前から後ろから斜めからも詮索したこと」を載せるサイト運営をしていこうと思っていますので宜しくお願いします。
                              管理人みっちょん 

                     2014年9月5日 サイト移行を記念して
                          (サイト開設2001年3月5日)

 当サイトは「10年にわたるホームズページの運営に対して」として
第33回(2009.12~2010.10)日本シャーロック・ホームズ大賞 選考委員会特別賞
を受賞いたしました。(右の楯)

 当サイトで連載していた「ホームズ物語の食卓風景」を改稿整理して原書房<2014年3月28日>
から刊行しました
シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活』 関矢悦子著が
第37回(2013.11~2014.10)日本シャーロック・ホームズ大賞
を受賞いたしました。(左の楯)

               (追記 2015年4月8日 管理人みっちょん)