パジャマそれともナイトシャツ
「瀕死の探偵」に描かれたホームズのナイトウエアについて


「瀕死の探偵」は1913年12月号のストランド・マガジン、そして1913年11月22日号のコリヤーズ・ウイークリー・マガジン(米国)に掲載されましたが挿絵はストランド・マガジンはウォルター・パジェット(シドニー・パジェットの弟)、コリヤーズ・ウイークリー・マガジンはF・D・スティールでした。
 この(A)と(B)の挿絵をご覧になればお判りになるようにストランド・マガジンのホームズはパジャマ姿そしてコリヤーズ・ウイークリー・マガジンのホームズはナイトシャツ姿です。

    
(A)

「ストランド・マガジン」1913年12月号に掲載された
ウォルター・パジェット描くパジャマ姿のホームズ


   
(B)

「コリヤーズ・ウイークリー・マガジン」
1913年11月22日号に掲載されたF・D・スティール描くナイトシャツ姿のホームズ




 ストランド・マガジンに描かれているパジャマ(pajamas)は1870年代にインドにいた英国人が本国に持ち帰ったインディ語で「すそ着」を意味する「パージャマ」に由来するものと言われてます。
 この「パージャマ」はベルトがついた上着とゆったりとしたズボンからなっていました。ではそれまでの英国人は寝巻着は何を着ていたかと言うと(C)のような肩からくるぶしまでの長い衣装(ナイトシャツorナイトガウン)を男女とも着ていたのです。
  (C)
  
1880年代初期のイェーガーの広告(The History of Underclothes p191)

 パジャマがどのくらいのスピードで普及したのかは判りませんがウール製品のパイオニア的存在イェーガーがストランド・マガジンに掲載した広告を見ると1891年2月号の広告にはパジャマの文字はありません。でも1896年4月号になると広告にパジャマの文字が現れてます(D) そして1900年には女性のイラスト入りパジャマの広告も登場してます。(E)

   (D)       
   

 (E)   
  

「瀕死の探偵」が発表された八ヶ月前の1913年4月号のストランド・マガジンにはイェーガーの紳士パジャマの広告(F)が載っていました。この頃にはストライプの「パジャマ」が寝巻着として広まっていたと思いますが、1854年頃に生まれたホームズは子供から青年時代にかけて着ていたのは(C)のようなナイトシャツだったと思われます。
 又「這う人」の中でワトスンはホームズの性格について「彼は習慣の人と言うか、その習慣も数こそ少ないが実に根強いものばかりだ」と記しています。

「瀕死の探偵」は1913年に発表されてますが事件発生日は1887年〜1890年とされているので一般的な習慣ではまだパジャマは広まっておらず、ホームズの性格から考えても「瀕死の探偵」事件当時はウォルター・パジェット描く「パジャマ」姿ではなくスティール描く「ナイトシャツ」姿ではないでしょうか。


 

      (F)



 参考までにアイルランド出身の作家ジョージ・ムーア(1852〜1933)は「恋人同士の男の方がいざという時になってパジャマを家に忘れたことに気づき、教養人に欠かせない衣服より愛の喜びを断念したために、二人はねんごろになれなかった」と言うパジャマをめぐる短編小説を書いているそうです。
 (「モードの生活文化史2」p436)
 残念な事にこの短編小説の名前も発表年月も判らないのでパジャマが紳士のたしなみに必要な衣服とされた年代が判りません。

 この短編小説についてご存知の方からの情報をお待ちしております m(_ _)m