最終更新日201 7年8月10日
 コナン・ドイルの全作品の内容紹介と解説(その1:初期作品 )連載中
 
「ササッサ谷からライヘンバッハの滝までの小説」
(1879年〜1893年) 
   
2014年12月2日より随時更新中(内容紹介ではネタバレがあります)                                                                                                          by 関矢悦子
 ★はじめに★

コナン・ドイルの「語られなかった作品及び行方不明になった作品」のまとめ

『ササッサ谷からライヘンバッハの滝まで」の年表


『コナン・ドイル小説全集』は笹野史隆氏が2004年より120部限定で刊行している全集です。

                      コナン・ドイルの中期作品原題と邦題⇨

発表順 発表年 原題 読む予定or読んだ邦題と収録本
-a 2000年 The haunted grange of Goresthorpe : a true ghost story 幽霊 《ゴアーズソープの幽霊屋敷 真実の幽霊物語笹野史隆訳『北海文学90号』
1879年 The Mystery of Sesassa Valley 冒険 《ササッサ谷の怪》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』中公ノベルス
-b、 1895年 The Recollections of Captain Wilkie 恐怖 《ウイルキー大尉の思い出話 --もと犯罪人の物語》小池滋監訳『中公ノベルス コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』
      《ゴアーズソープの幽霊屋敷・ササッサ谷の怪・ウイルキー大尉》の内容紹介の前に 
「文学で成功に至る道での最初の大試練」
                  2014年12月2日アップ 2016年12月4日追記

《ゴアーズソープの幽霊屋敷・ササッサ谷の怪・ウイルキー大尉》の内容紹介と解説・感想
2014年12月2日アップ 2017年4月15日追記
1880年 The American's Tale 恐怖 《アメリカ人の話》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』中公ノベルス 
《アメリカ人の話》の内容紹介と解説・感想(2015年1月1日アップ)
1881年 A Night Among the Nihilists 恐怖
(コミカル)

《ニヒリストたちとの一夜》笹野史隆訳『北海文学85号』1999年4月
初邦訳1902年11月《特別通信無政府党の一夜》抱一庵主人訳

短編集"Mysteries and Adventures"(1890年3月刊行)に収録されている作品。
《ニヒリストたちとの一夜》の内容紹介と解説・感想(2015年1月26日アップ)

The Gully of Bluemansdyke 医療関係

《ブルーマンスダイク谷》 笹野史隆訳『北海文学84号』1998年10月
短編集"Mysteries and Adventures"(1890年3月刊行)に収録されている作品。
《ブルーマンスダイク谷》の内容紹介と解説・感想(2015年2月6日アップ)

That Little Square Box 海洋奇譚
(コミカル)
《あの四角い小箱》 延原謙訳『 コナン・ドイル傑作集2:海洋奇談編』新潮文庫
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)と、短編集"Mysteries and Adventures"(1890年3月刊行)に収録されている作品。
《あの四角い小箱》の内容紹介と解説・感想(2015年2月16日アップ)
1882年 Bones, The April Fool of Harvey's Sluice 冒険 《デカ骨》 小池滋監訳『 コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』中公ノベルス 
副題:ハーヴェイズ・スルースのエイプリル・フール
《デカ骨》の内容紹介と解説・感想(2015年2月27日アップ)
Our Derby Sweepstakes 求愛小説
(コミカル)
《わが家のダービー競馬》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集1:』中公ノベルス
《わが家のダービー競馬》の内容紹介と解説・感想(2015年3月10日アップ)
That Veteran 冒険 《老兵の話》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』中公ノベルス 
《老兵の話》の内容紹介と解説・感想(2015年4月4日アップ)
My Friend the Murderer 恐怖 《我が友、殺人者》 笹野史隆訳『北海文学81号』
短編集"Mysteries and Adventures"(1890年3月刊行)に収録されている作品。
《我が友、殺人者》の内容紹介と解説・感想(2015年4月16日アップ)
1883年 The Captain of the Pole-Star 海洋奇譚
(神秘)
《北極星号の船長》 西崎憲訳『 ドイル傑作集2:北極星号の船長』創元推理文庫
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)収録されている作品。
《北極星号の船長》の内容紹介と解説・感想(2015年4月26日アップ)
Gentlemanly Joe 求愛小説
(コミカル)
《紳士ジョー》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』中公ノベルス 
《紳士ジョー》の内容紹介と解説・感想(2015年5月12日アップ)
The Winning Shot 求愛小説
(メスメリズム)
《決勝の一発》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』中公ノベルス 
《決勝の一発》の内容紹介と解説・感想(2015年5月26日アップ)
Selecting a Ghost:The Ghosts of Goresthorpe Grange 幽霊
(コミカル)
《幽霊選び》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』中公ノベルス 
副題:ゴアーズソープ屋敷の幽霊
《幽霊選び----ゴアーズソープ屋敷の幽霊》の内容紹介と解説・感想  
(2015年6月8日アップ、12日追記)

The Silver Hatchet 恐怖
《銀の斧》 駒月雅子訳『 ドイル傑作集2:北極星号の船長』創元推理文庫
短編集"Mysteries and Adventures"(1890年3月刊行)に収録されている作品。
《銀の斧》の内容紹介と解説・感想(2015年6月17日アップ)
An Exciting Christmas Eve 恐怖
(コミカル)
《スリル満点のクリスマス・イブ》 
小池滋監訳『 コナン・ドイル未紹介作品集1:ササッサ谷の怪』中公ノベルス
《スリル満点のクリスマス・イヴ》の内容紹介と解説・感想(2015年6月27日アップ)
1884年 The Heiress of Glenmahowley 求愛小説
(コミカル)
《グレンマハウリー村の跡とり娘》 
小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集2:真夜中の客』中公ノベルス 
《グレンマハウリー村の跡とり娘》の内容紹介と解説・感想 (2015年7月9日)
J. Habakuk Jephson's Statement 海洋奇譚
(恐怖)
《ジェ・ハバカク・ジェフスンの遺書》
 
延原謙訳『コナン・ドイル傑作集2:海洋奇談編』新潮文庫
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)収録されている作品。
《J・ハバクック・ジェフスンの供述》 笹野史隆訳 『ポールスター号の船長収録 
(2015年7月18日アップ)

The Blood-stone Tragedy 恐怖 《血の石の秘儀》西崎憲訳『ドイル傑作3:クルンバーの謎』創元推理文庫
雑誌に載ったあと100年以上発見できなかった作品、1995年コナン・ドイル協会が再公開
《血の石の秘儀》西崎憲訳『ドイル傑作選1ミステリー編』翔泳社  
(2015年7月27日アップ

John Barrington Cowles 求愛小説
(メスメリズム)
《ジョン・バリントン・カウルズ》 白須清美訳『ドイル傑作集2:北極星号の船長』創元推理文庫
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)収録されている作品。
 《ジョン・バリントン・カウルズ》 白須清美訳『ドイル傑作選2 ホラー・SF編』翔泳社
(2015年8月11日アップ
The Cabman's Story 冒険 《辻馬車屋の話》小池滋監訳『中公ノベルス コナン・ドイル未紹介作品集2 真夜中の客』収録
《辻馬車屋の話---ロンドンの四輪辻馬車屋の奇妙な経験》の内容紹介と解説・感想
(2015年8月21日アップ
The Tragedians 冒険 《悲劇役者》小池滋監訳『中公ノベルス コナン・ドイル未紹介作品集2』収録
《悲劇役者》の内容紹介と解説・感想   (2015年8月30日アップ
Crabbe's Practice 医療関係 《クラッブの開業》 笹野史隆訳『北海文学80号』収録
《クラッブの開業》の内容紹介と解説・感想 (2015年9月10日アップ
() (1891年) (Our Midnight Visitor) 冒険 《真夜中の客》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集2:真夜中の客』中公ノベルス 
(執筆時期は1883年秋〜冬ころで、出版社から採用の通知が来たのは1884年3月、
しかし掲載されたのは1891年2月)

《真夜中の客》の内容紹介と解説・感想(2015年10月31日アップ
() (1890年) (A Pastoral Horror) 恐怖 《田園の恐怖》北原尚彦訳『ドイル傑作集1 まだらの紐』収録
(執筆時期は1884年初頭だが、雑誌掲載は1890年12月)
別訳に《田園と聖職者の恐怖》 笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集32巻』
《田園の恐怖》の内容紹介と解説・感想(2015年11月10日アップ
1885年 The Man from Archangel 海洋奇譚
(哲学と恋愛)

《アーケーンジェルから来た男》
 延原謙訳『コナン・ドイル傑作集4:冒険編(昭和35年発行)』収録、新潮文庫
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)と、短編集"Mysteries and Adventures"(1890年3月刊行)に収録されている作品。

明治における「コナン・ドイルの紹介文」
《荒磯》 (原題The Man from Archangel)で紹介されているコナン・ドイルの紹介の全文

《アーケンジェルから来た男》の内容紹介と解説・感想
笹野史隆訳『ポールスター号の船長(上)』 収録
(2015年9月21日アップ、2017年7月11日追記

The Lonely Hampshire Cottage 冒険 《ハンプシャー州の淋しい家》小池滋監訳『 コナン・ドイル未紹介作品集2:真夜中の客』収録

《ハンプシャー州の淋しい家》の内容紹介と解説・感想  (2015年9月30日アップ
The Great Keinplatz Experiment 冒険
(メスメリズムとスピチュアリズムそしてコミカル)
《体外遊離実験》 北原尚彦訳 『ドイル傑作集5:ラッフルズ・ホーの奇跡』創元推理文庫 
他の邦題には《大実験》《催眠術》《魂の入換へ》などがある。
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)収録されている作品。
カインプラッツ市における大実験》の内容紹介と解説・感想
笹野史隆訳『ポールスター号の船長(上)』 収録(2015年10月10日アップ
The Fate of the Evangeline 冒険
求愛小説
《エヴァンジェリン号の運命》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集2:真夜中の客』収録

《エヴァンジェリン号の運命》の内容紹介と解説・感想  
(2015年10月20日アップ、10月25日解説の追記と説明補正。31日追記

Elias B. Hopkins.The Parson of Jackman's Gulch 冒険 《ジヤツクマン金鉱区の牧師イライアス・ビー・ホプキンズ》
 石田幸太郎訳 改造社ドイル全集6巻
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)と、短編集"Mysteries and Adventures"(1890年3月刊行)に収録されている作品。
《イリアス・B・ホプキンズーーージャックマンズ峡谷の牧師》の内容紹介と解説・感想
笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集7巻:  ポールスター号の船長(下)』
(2015年11月20日アップ
(長篇) (1889年) (The Firm of Girdlestone) 冒険 《ガードルストーン商会》 笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集8、9、10巻』
(初めて執筆した大長篇、執筆時期は1884年4月〜1885年8月頃にかけて)

《ガードルストーン商会》 の内容紹介
(2015年11月30日アップ

《ガードルストーン商会》 の解説・感想
(2015年11月30日アップ
1886年 Touch and Go. A Midshipman's Story 海洋冒険

《危機一髪》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集2:真夜中の客』中公ノベルス

《危機一髪 ――ある見習航海士の物語》の内容紹介と解説・感想
(2015年12月10日アップ

Cyprian Overbeck Wells. A Literary Mosaic 心理的冒険 《シプリアン・オウヴアベツク・ウエルズ》
 石田幸太郎訳 改造社ドイル全集6巻
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)収録されている作品。

《シプリアン・オーヴァーベック・ウェルズーーー文学的モザイク》の内容紹介と解説・感想
笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集7巻:ポールスター号の船長(下)』
(2015年12月20日アップ)
1887年 Uncle Jeremy's Household 冒険 《ジェレミー伯父の家》
小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集2:真夜中の客』中公ノベルス 

《ジェレミー伯父の家》内容紹介と解説・感想
霜島義明訳『ドイル傑作集1 まだらの紐』収録 (2016年1月10日アップ)
The Stone of Boxman's Drift 冒険 《ボックスマンズ・ドリフトの宝石》
小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集2:真夜中の客』中公ノベルス 

《ボックスマンズ・ドリフトの宝石》の内容紹介と解説・感想 
   (2016年1月20日アップ)
長篇
A Study in Scarlet ホームズ1 《緋色の研究》 日暮雅通訳 光文社文庫
(執筆時期は1886年3月から4月にかけての6週間)

《緋色の研究》の内容紹介 (2016年2月10日アップ)

《緋色の研究》のシャーロッキアン的な解説と感想 (2016年2月10日アップ)
 参考資料として「注釈付き全集の注釈語句のリストアップ一覧表」あり

《緋色の研究》の文学研究的な解説と感想 (2016年2月27日アップ)
1888年 John Huxford's Hiatus 愛情小説
《五十年後》 延原謙訳『コナン・ドイル傑作集 ミステリー編』
他の邦題に《四十年後の恋人》《ジョン・ハックスフドとジョン・ハアデイ》がある。
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)収録されている作品。
《ジョン・ハクスフォードの空白》の内容紹介と解説・感想(2016年3月17日アップ)
 笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集7号:ポールスター号の船長(下)』
長篇 The Mystery of Cloomber 神秘小説 《クルンバーの謎》 北原尚彦訳 『ドイル傑作集3:クルンバーの謎』創元推理文庫
他の邦題に《クルンバーの悲劇》《クルンバー館の謎》などがある。

《クルンバーの謎》の内容紹介(2016年4月23日アップ)

《クルンバーの謎》の解説・感想---コナン・ドイルの精神遍歴(2016年4月23日アップ)

付録:「コナン・ドイルの自伝『わが思い出と冒険』に記されている〈心霊学〉に関して翻訳者が読者をミスリードしていた」ことについてのミニ考察(2016年4月23日アップ)

大長篇
1889年 Micha Clarke 歴史小説

《マイカー・クラーク》 笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集3、4、5巻』
(執筆時期は1887年7月〜1887年12月、写しをとって出版社に送ったのが1888年2月末
マイカー・クラークとはピューリタンである主人公の名前、時代は1685年)

《マイカー・クラーク》の内容紹介    (2016年6月20日アップ)

《マイカー・クラーク》の文学的な解説と感想
  
(2016年6月20日アップ,
2016年8月19日赤文字箇所を追記

《マイカー・クラーク》の歴史的背景とコナン・ドイル   (2016年6月20日アップ)

大長篇 

The Firm of Girdlestone 冒険 《ガードルストーン商会》 笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集8、9、10巻』
(初めて執筆した大長篇、執筆時期は1884年4月〜1885年8月頃にかけて)

《ガードルストーン商会》 の内容紹介
(2015年11月30日アップ

《ガードルストーン商会》 の解説・感想
(2015年11月30日アップ

「レ・ファニュ作『アンクル・サイラス』との類似点と相違点」 について

1890年 The Ring of Thoth 怪奇風
愛情小説
《トート神の指輪》 笹野史隆訳 
笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集7号:ポールスター号の船長(下)』
自選短編集"The Captain of the Pole-Star"(1890年3月刊行)に収録されている作品。


《トトの指輪》の内容紹介と解説
白須清美訳『ドイル傑作集3:クルンバーの謎』創元推理文庫
(2016年9月20日アップ)


長篇

The Sign of Four ホームズ2

《四つの署名》 日暮雅通訳  光文社文庫

《四つの署名》の内容紹介  (2016年11月7日アップ)

《四つの署名》のシャーロッキアン的解説と感想 (2016年11月7日アップ)
「ワトスンの傷の移動と「ライシアム劇場の三本目の柱での待ち合わせについて
  参考資料として「注釈付き全集の注釈語句のリストアップ一覧表」あり

《四つの署名》の文学研究的な解説と感想 
「黄金の夜」への招待と「ワトスンの傷の移動」について (2016年11月7日アップ)

《四つの署名》と『モルグ街の殺人』及びレ・ファニュの2つの作品における「密室殺人」について
(2016年11月7日アップ)


A Physiologist's Wife 医事関係でロマンスもの 《ある生理学者の妻》 白阪玲麻訳『ラウンド・ザ・レッドランプ』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。

《生理学者の妻》の内容紹介と解説・感想

及び「短編集”Round The Red Lamp”『赤いランプをめぐって』について」

笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集第38巻 赤いランプをめぐって 中』 に収録
(2016年1213日アップ)
The Surgeon of Gaster Fell 医事関係
恐怖

《ガスター・フエルの医師》大木惇夫訳
1900年刊行の"Venture and Valour"8名の作家に拠るアンソロジーに収録。
1918年刊行の単行本”Danger! and Other Stories” に収録されている。
邦訳では『ドイル全集第4巻』短編集「危険」に収録


《ガスタ山の医師》の「内容紹介と解説」&「父チャールズ・アルタモント・ドイルの晩年」 
 (2017年1月14日アップ延原謙訳『ドイル傑作集4:冒険編』新潮文庫

A Pastoral Horror 恐怖 《田園の恐怖》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集2』
(執筆時期は1884年初頭だが、雑誌掲載は1890年12月)
別訳に《田園と聖職者の恐怖》 笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集32巻』
《田園の恐怖》の内容紹介と解説・感想(2015年11月10日アップ

大長篇
1891年 The White Company 歴史小説 《白衣の騎士団》上下 笹野史隆訳 原書房1994年刊行


《白衣隊(白衣の騎士団)》の内容紹介
笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集12、13、14巻』2007年刊行
(2017年2月10日アップ

《白衣隊》の「内容及び史実」についての解説と感想
(2017年2月10日アップ

《白衣隊》の「執筆動機」と執筆後の「突発的で無謀とも言える行動」について
(2017年2月10日アップ
Our Midnight Visitor 冒険 《真夜中の客》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集2:真夜中の客』中公ノベルス 
(執筆時期は1883年秋ころで、出版社から採用の通知が来たのは1884年3月)
《真夜中の客》の内容紹介と解説・感想(2015年10月31日アップ
The Voice of Science ユーモア小説風科学の紹介

《科学の声》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集2:真夜中の客』中公ノベルス 

《科学の声》の内容紹介および蓄音機(phonograph)の歴史と「内容」との照合
(2017年3
月10日アップ)

A Straggler of '15 医事関係でロマンス系

《1815年からの落伍者》 白阪玲麻訳『ラウンド・ザ・レッドランプ』
他の邦題には『1815年の生存者』『ウォータールーの戦いの生存兵』などがある。
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。


《1815年の落伍兵》笹野史隆訳の内容紹介  (2017年4月10日アップ)
『コナン・ドイル小説全集第38巻 赤いランプをめぐって 上』 に収録


著作権代理人A・P・ワットと「高齢者の特徴と特有の病気」について
(2017年4月10日アップ)

舞台化された《1815年の落伍兵》及び伍長が活躍した「ワーテルローでのウーグモン攻防戦」について
(2017年4月10日アップ)

(中篇) (The Doings of Raffles Haw) 化学的錬金術 《ラッフルズ・ホーの奇跡》 
 
北原尚彦訳 『ドイル傑作集5:ラッフルズ・ホーの奇跡』創元推理文庫
執筆時期:ウィーンで眼科の勉強をしていた1891年1月6日から1月23日。
連載:1891年12月12日から1892年2月27日まで。

《ラッフルズ・ホーの奇蹟》の内容紹介 北原尚彦訳
(2017年5月10日アップ)

《ラッフルズ・ホーの奇蹟》の完成までと後日談・感想 
(2017年5月10日アップ)

「大酒を飲んで暴力的な行為をした父親」について
(2017年5月10日アップ)

1891年当時の「最新の科学知識(化学と電流)を結合させた錬金術」について
(2017年5月10日アップ)
The Colonel's Choice 無償の愛 《大佐の選択》 小池滋監訳『中公ノベルス コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』

《大佐の選択》の内容紹介と解説・感想
(2017年7月13日アップ)

(
(Lot No. 249) 医事を含む
恐怖小説

《競売ナンバー 二四九》 白須清美訳『創元推理文庫 ドイル傑作集3』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
他の邦題には『牛津大学 古塔の秘密』『大学の怪異』『競売番号二百四十九』等。


★雑誌掲載は1892年9月、しかし原稿料の入金は1891年4月なので、執筆時期は《ラッフルズ・ホーの奇蹟》のすぐあとで《ボヘミアの醜聞》のすぐ前。

《競売ナンバー 二四九》の内容紹介
             (2017年8月10日アップ)

《競売ナンバー 二四九》解説と感想
             (2017年8月10日アップ) 


A Scandal in Bohemia ホームズ3 《ボヘミアの醜聞(スキャンダル)》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫 

 《ボヘミア醜聞》の内容紹介
           (2017年月日アップ)

 《ボヘミア醜聞》の解説と感想
             (2017年月日アップ)
() (A Case of Identity) (ホームズ5) 《花婿の正体》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫
執筆は《赤毛組合》より先
The Red-headed League ホームズ4 《赤毛組合》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫 
A Case of Identity ホームズ5 《花婿の正体》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫

The Boscombe Valley Mystery ホームズ6 ボスコム谷の謎》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫 
     

1891年5月4日:コナン・ドイルの「運命の日」


The Five Orange Pips ホームズ7 《オレンジの種五つ》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫

A Sordid Affair 無償の愛 《やりきれない話》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス 
The Man with the Twisted Lip ホームズ8 《唇のねじれた男》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫 
長篇
Beyond the City 《都市郊外で》 笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集15巻』
A False Start 医事関係 《へまなスタート》 吉田勝江訳『コナン・ドイルのドクトル夜話』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
長篇 The Doings of Raffles Haw 《ラッフルズ・ホーの奇跡》 
 
北原尚彦訳 『ドイル傑作集5:ラッフルズ・ホーの奇跡』創元推理文庫
執筆時期:ウィーンで眼科の勉強をしていた1891年1月6日から1月23日。
連載:1891年12月12日から1892年2月27日まで。

《ラッフルズ・ホーの奇蹟》の内容紹介 北原尚彦訳
(2017年5月10日アップ)

《ラッフルズ・ホーの奇蹟》の完成までと後日談・感想 
(2017年5月10日アップ)

「大酒を飲んで暴力的な行為をした父親」について
(2017年5月10日アップ)
1891年当時の「最新の科学知識(化学と電流)を結合させた錬金術」について
 
(2017年5月10日アップ)

1892年 The Adventure of the Blue Carbuncle ホームズ9 《青いガーネット》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫
Out of the Running   《勝算無しに》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊、後編(5)』改造社

The Adventure of the Speckled Band ホームズ10 《まだらの紐》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫 

The Adventure of the Engineer's Thumb ホームズ11 《技師の親指》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの冒険』光文社文庫
De Profundis 《深き淵より》 西崎憲訳『ドイル傑作集1:北極星号の船長』創元推理文庫
《蒼溟より》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊、後編(6):改造社』
The Great Brown-Pericord Motor 《ブラウン・ペリコード発動機》 北原尚彦訳 『ドイル傑作集5:ラッフルズ・ホーの奇跡』創元推理文庫
《偉大な発動機》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊、後編(7):改造社』

The Adventure of the Noble Bachelor ホームズ12 《独身の貴族》 日暮雅通訳『光文社文庫 シャーロック・ホームズの冒険』

The Adventure of the Beryl Coronet ホームズ13 《緑柱石の宝冠》 日暮雅通訳『光文社文庫 シャーロック・ホームズの冒険』
A Regimental Scandal
《連隊のスキャンダル》 小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス 
The Adventure of the Copper Beeches
ホームズ14
《ぶな屋敷》 日暮雅通訳『光文社文庫 シャーロック・ホームズの冒険』
A Question of Diplomacy 医事関係 《外務大臣の通風》 吉田勝江訳『コナン・ドイルのドクトル夜話』
他の邦題には《外交問題》《外交上の一問題》などがある。
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。

Lot No. 249 医事関係の
恐怖小説
《競売ナンバー ニ四九》 白須清美訳『創元推理文庫 ドイル傑作集3』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
他の邦題には『牛津大学 古塔の秘密』『大学の怪異』『競売番号二百四十九』等。


★雑誌掲載は1892年9月、しかし原稿料の入金は1891年4月なので、執筆時期は《ラッフルズ・ホーの奇蹟》のすぐあとで《ボヘミアの醜聞》のすぐ前。


《競売ナンバー 二四九》の内容紹介
             (2017年8月10日アップ)

《競売ナンバー 二四九》解説と感想
             (2017年8月10日アップ) 
長篇 The Great Shadow 歴史小説 《ナポレオンの影》 笹野史隆訳 原書房

《巨大な影》の内容紹介と感想

  笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集18号』
Jelland's Voyage 《ジェランドの航海》 延原謙訳『ドイル傑作集2:海洋奇談編』新潮文庫
短編集”Round the Fire Stories”(1908年刊行)に収録されている作品。
The Los Amigos Fiasco
《過ぎたるは・・・》 吉田勝江訳『コナン・ドイルのドクトル夜話』
他の邦題には《ロスアミゴスの大失策》などがある。
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
The Adventure of Silver Blaze ホームズ15 《名馬シルヴァー・ブレイズ》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫
大長篇 1893年 The Refugees 歴史小説 《亡命者》 笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集19、20、21巻』
The Adventure of the Cardboard Box
ホームズ16
《ボール箱》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫 
The Adventure of the Yellow Face
ホームズ17
《黄色い顔》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫
The Adventure of the Stock-broker's Clerk
ホームズ18
《株式仲買店員》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫 
The Adventure of the 'Gloria Scott' ホームズ19 《グロリア・スコット号》日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫

The Adventure of the Musgrave Ritual ホームズ20 《マスグレイヴの儀式書》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫 

The Adventure of the Reigate Squire ホームズ21 《ライゲイトの大地主》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫
The Green Flag 《緑の旗》 笹野史隆訳『北海文学83号』
The Adventure of the Crooked Man ホームズ22 《背中の曲がった男》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫
The Slapping Sal 海洋 《「いだてんのサル」》号 延原謙訳『ドイル傑作集6:海賊編』新潮文庫
The Adventure of the Resident Patient ホームズ23 《入院患者》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫

The Adventure of the Greek Interpreter
ホームズ24 《ギリシャ語通訳》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫 
The Adventure of the Naval Treaty ホームズ25 《海軍条約文書》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫
The Case of Lady Sannox 《サノックスの奥方》 吉田勝江訳『コナン・ドイルのドクトル夜話』 
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。

The Adventure of the Final Problem ホームズ26 《最後の事件》 日暮雅通訳『 シャーロック・ホームズの回想』光文社文庫
      1891年5月4日:シャーロック・ホームズの「運命の日」

参考文献 
A Bibliography of A. Conan Doyle :Richard Lancelyn Green/John Michael Gibson著
The Haunted Grange of Goresthorpe:Arthur Conan, Sir Doyle(著)Christopher Roden (編集), Owen Dudley Edwards (序論)
「日本におけるコナン・ドイル、シャーロック・ホームズ書誌 」新井清司編(詳注版シャーロック・ホームズ全集、ちくま文庫)
「コナン・ドイル書簡集」スタシャワー/レレンバーク/フォーリー編 日暮雅通訳
「コナン・ドイル小説作品邦訳書誌」 藤元直樹編(日本古典SF研究会誌未来趣味8号、2000年発行)
「増補版 1983~2004年 ホームズ・ドイル文献目録」 新井清司・中原英一編(発行者:日本シャーロック・ホームズ・クラブ)
「ホームズ翻訳への道 延原謙評伝」 中西裕著
参考サイト:The Conan DoyLe Encyclopedia
協力:熊谷彰氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コナン・ドイルの世界」に戻る
「シャーロック・ホームズの世界」トップページに戻る

[PR]カウンター