シャーロッキアンの果てしなき冒険  はじめに

 英国の作家コナン・ドイルが1887年から1927年まで40年間にわたって発表し続けた合計60編からなる名探偵シャーロック・ホームズ(以下ホームズという)の物語は、この世に登場してから118年経った21世紀のいまもなお、世界各国で多くの人々に読み継がれているばかりでなく、いわゆるシャーロッキアンと呼ばれる熱心なホームズ・ファンを生み出し続けています。いったいこの物語の何がこれほど人々を惹きつけるのでしょうか? 
 その魅力の秘密をさぐるために、ホームズ物語をさまざまな切り口から眺め、先輩シャーロッキアンの方々の見解や研究成果なども紹介しながら、広大にして冒険に満ちたホームズの世界を、これからさまよってみたいと思います。
 ただ、ベテランのシャーロッキアンの方々にとっては、すでにご存じのことばかりで退屈かもしれませんし、かたや初めてホームズの世界を覗いてみようとお考えの方々にとっては説明が詳しすぎるという中途半端さの不安はありますが、とにかく初めての方々にはめいめいご自分なりに、漠然とでもよいからホームズの世界の知的な楽しさに触れていただき「ホームズ物語はこんなにいろいろなモードで遊べるのだ」ということを体感していただくことができれば、案内者としてこれにまさる喜びはありません。もしシャーロック・ホームズ全集をお持ちであれば、旅の道連れとして座右に置いておかれることをお薦めします。なお本稿は、いまのところ次のような章の構成で話を進めようと考えていますが、書き進めるうちに多少変わることもあるかもしれません。
                     
第1章 偉大なる変人、シャーロック・ホームズ
第2章 ワトスンのすべて
第3章 女性群像
第4章 悪党の系譜
第5章 警察と警官たち
第6章 ロンドンという舞台
   付録 地図A ロンドン中央部とシティ西部
地図B ベイカー街とハイド・パーク周辺
地図C シティの中心と東部
地図D テムズ河右岸(ロンドン南部)
第7章 鉄道で駆けつける地方の事件
第8章 外国にからむ事件と当時の国際情勢
第9章 ホームズ物語における引用とその出典
第10章 ホームズ物語に現われたドイルの医者としての経歴
第11章 ホームズ物語に現われる衣装等の生地と登場人物の服装
第12章   ホームズ物語の全体的評価
あとがき

 本稿におけるホームズ物語からの引用、および《 》で表示した短・長編合わせて60編の作品名(事件名)は、とくに断わりのないかぎり河出書房新社版の「シャーロック・ホームズ全集」(全九巻:小林司/東山あかね訳、解説と注は高田寛訳 河出書房新社1997年〜2002年刊。以下「河出書房新社版ホームズ全集」という)によることとし、筆者自身による注釈ないし補足はすべて〔 〕で表示しています。本稿に出てくる参考文献の著者、編者、訳者、出版社、刊行年などについては初出についてのみ( )内で表示しました。数字は熟語的な使用の場合を除き原則として算用数字に統一しました。 引用のなかに漢数字が出てくる場合がありますが、これは原典の表示を優先したためであります。 また人名については邦人外人を問わず敬称を省略させていただきました。

 それでは豊穣にして汲めども尽きせぬホームズの世界へ知的冒険の旅をどうぞ!