地下鉄駅を中心にした「ホームズゆかりの地」案内 
Life of Master 自分改善計画ロンドン編 より
(※サイドバーのカテゴリーから「シャーロック・ホームズ」を選択してください。)

写真撮影・解説文  Tomo

参考資料
Finding Sherlock's London (FSLと略称)
新潮文庫 シャーロック・ホームズシリーズ(延原謙訳)

※地下鉄駅名からのリンク先はTomoさんのブログ
「Life of Master 自分改善計画ロンドン編」です。

事件別「ホームズゆかりの地」案内

(FSL順)「ホームズゆかりの地」案内(目次)

地下鉄駅名(及びDLR駅名) 事件名及び地名他 撮影日





アイランド・ガーデンズ駅
Island Garden Dockland Light Railway Station

アイランド・ガーデンズ駅周辺地図

《四つの署名》 アイル・オブ・ドッグス(地名)



2007.5.20


ヴィクトリア駅
Victoria Underground Station





ヴィクトリア駅周辺地図



《ギリシア語通訳 》
《最後の事件》
《恐怖の谷 》
《サセックスの吸血鬼》
《白銀号事件 》


ヴィクトリア鉄道駅






《最後の事件》

グロヴナー・ホテル

《技師の親指》

ヴィクトリア・ストリート

2007.4.8


ウエスト・インド・クウェー駅
West India Quay Dockland Light Railway Station


西インド・ドックからロンドン・ドック周辺地図
《四つの署名》 西インド・ドックス



2007.7.5

エッジウェア・ロード駅
Edgware Road Underground Statio


ロンドン西部地図
《ボヘミアの醜聞》
《三人ガリデブ》
エッジウェア・ロード
2007.8.3




















ウエストミンスター駅

Westminster Underground Station



ウエストミンスター駅周辺地図























《グロリア・スコット号》
《ブルース・パティントン
設計書 》
《最後の挨拶 》
《プライオリ学校 》

海軍省





《海軍条約文書事件》

ダウニング街

《第二の汚点 》
《マザリンの宝石》

ダウニング街10番地


《第二の汚点 》

リッチモンド(ホワイトホール)テラス

《マスグレーブ家の儀式》

国会議事堂

《フランシス・カーファクス姫の失踪》

ビッグ・ベン(国会議事堂の大時計)


《海軍条約文書事件》

キング・チャールズ街

《緋色の研究》 リトル・ジョージ街
ユーストン駅近くのリトル・ジョージ街についての説明はこちらをご覧ください。

ニュー・スコットランド・ヤード

《四つの署名》

ウエストミンスター桟橋

《海軍条約文書事件》

ホワイトホール街

2007.5.2

エンジェル駅
Angel Underground Station

地図

《青いガーネット》 ペントンヴィル刑務所



2007.7.22

エンバクメント駅
Embankment Underground Station

















《高名な依頼人》


クレーヴン街(Craven Street )


《バスカヴィル家の犬》


クレーヴン街のメキスボロ・プライベート・ホテル

《高名な依頼人》



Craven (Northumberland)Passage
クレーヴン街とノーサンバーランド街を結ぶ通路。トルコ風呂があった。

《バスカヴィル家の犬》


シャーロック・ホームズ・パブ
(ヘンリー卿の泊まったホテル跡と言われている)

《バスカヴィル家の犬》

《ギリシア語通訳》
《花嫁失踪事件(独身貴族)》

ノーサンバーランド・アヴェニューにあったメトロポール・ホテル跡(ここがヘンリ卿の泊まったノーサンバーランドホテルだったと言うのがFSLの著者の説)

《オレンジの種五つ》

ウォータール橋

《オレンジの種五つ》

ヴィクトリア・エンバンクメント
2007.1.17

オックスフォード・サーカス駅
Oxford Circus Underground Station




























《入院患者》

《空き屋の冒険》
カヴェンディシュ・スクェア(Cavendish Square )

《空き屋の冒険》

コンジット街

《ボヘミアの醜聞》
《四つの署名》
《フランシス・カーファクス姫の失踪》

ランガム・ホテル




《最後の事件》

モーティマー街

《ギリシア語通訳》

オックスフォード街

《犯人は二人》
(《チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン》)







オックスフォード(リージェント)サーカス
(
1870年頃までリージェント・サーカスが二つありました。 現在ピカデリー・サーカスと呼ばれる所は、かつてはリージェント・サーカス・サウス、と呼ばれ、そして現在のオックスフォード・サーカスが、リージェント・サーカス・ノース、と呼ばれていました。1894年になると今日のピカデリ―・サーカスの名前が登場すると共に、リージェント・サーカス・ノースが只のリージェント・サーカスとなりその後オックスフォード・サーカスに名前が変わりました)
《花嫁失踪事件》
(《独身貴族》)

ハノーヴァー・スクエアのセント・ジョージ教会

《青いガーネット》

ウィグモア街

《四つの署名》

ウィグモア街郵便局

2006.12.25

オリンピア駅
Olympia Underground Station

ロンドン西部地図
《最後の挨拶》 オリンピア
2007.7.25

オールドゲイト駅
Aldgate
Underground Station







《ブルース・パティントン設計書 》 オールドゲイト駅

《花婿失踪事件》

フェンチャーチ街

《緋色の研究》

ハウンズディッチ、ダンカン街13番

《花婿失踪事件》

レドンホール街

《オレンジの種五つ》

ロイズ船舶登録所

《サセックスの吸血鬼》

ミンシン小路

2007.2.12

オールドゲイト・イースト駅 
Aldgate East
Underground Station
《這う男》 コマーシャル街

2007.2.12




カムデン・タウン駅
Camden Town Underground Station

カムデン・タウン駅周辺地図

犯人は二人
(チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン)



ロンドン動物園





2007.6.2
番外
Canterbury Railway Station
《最後の事件》 カンタベリー鉄道駅
2007.7.5
キャノン街駅
Cannon Street Underground Station

シティ南部の地図

《唇の捩れた男》 キャノン街鉄道駅



2007.3.27
キルバーン駅
Kilburn Underground Station

《青いガーネット》関係地図
《青いガーネット》 キルバーン


2007.12.3

キングス・クロス/セント・パンクラス駅
King's Cross/St.Pancras
Underground Station

キングス・クロス/セント・パンクラス駅周辺地図






《花婿失踪事件》


聖セーヴィア教会(実際には近くにはなくロンドン橋やBorough Marketの近く、つまりテムズ川の南側にある)

《花婿失踪事件》


St Pancras Old Church
(結婚式をあげる予定だった教会の候補地の一つ、2007年5月8日追記)

《スリー・クォーターの失踪》

キングス・クロス鉄道駅

《花婿失踪事件》
セント・パンクラス・ホテル
(Midland Grand Hotel )

2007.4.7

グッジ街駅
Goodge Street
Underground Station



《青いガーネット》

トッテナム・コート通りとグッジ街の交差点

《赤い輪》
《花婿失踪事件》
(FSLに記載なし)

トッテナム・コート通り



《ボウル箱》



トッテナム・コート通りの質屋
(今のところ、この通りに質屋は見つかってません)

2006.11.28
クラパム・コモン駅
Clapham Common
Underground Station



クラパム・コモン駅地図

《ギリシャ語通訳》
《白銀号事件》
《海軍条約文書事件》

クラパム乗換(ジャンクション)鉄道駅


2008.7.27
  クラパム・サウス駅
Clapham South

Underground Station

《ギリシャ語通訳》


ワンズウォースの原(Wandsworth Common)


2007.5.6
  クラパム・ノース駅
Clapham North

Underground Station

《四つの署名》

プライオリ通り

2008.7.29

グリニッジ駅
Greenwich Dockland Light Railway Station





グリニッジ駅周辺地図


《ノーウッドの建築士》

ブラックヒース

《スリークォーターの失踪》
《サセックスの吸血鬼》

ブラックヒース・クラブ(ラグビー・クラブ名)


《隠居絵具師 》

ブラックヒース鉄道駅

《技師の親指》 グリニッジ




2007.5.20











グリーン・パーク駅
Green Park Underground Station




グリーン・パーク駅周辺地図









《高名な依頼人》
《ブルース・パティントン設計書》
バークリー・スクェアの104番
バークレイ・スクェアのシンクレア提督の家

《三破風館》

セント・ジェームズ街のクラブ

《高名な依頼人》
《三人ガリデブ》

キング・ストリートにあるクリスティー(オークション会場)

《ショスコム荘》

カーゾン街

《高名な依頼人》


ハーフ・ムーン街369番 医師ヒル・バートン(ワトスンが使った偽名)

《緋色の研究》
《入院患者》


ロンドン大学があった建物。(2005年からはRoyal Academy of ArtsとRoyal Academy Schoolが入ってます)

《ギリシャ語通訳》

セント・ジェームズ街

2007.2.14

グロスター・ロード駅
Gloucester Road Underground Station

駅周辺地図

《ブルース・パーティントン型設計書》 コールフィールド・ガーデンズ 13

《ブルース・パーティントン型設計書》 グロスター通り

《ブルース・パーティントン型設計書》 グロスター・ロード駅

2007.11.7

コヴェント・ガーデン駅
Covent Garden
Underground Station


















《唇の捩れた男》

警察裁判所(Police Court)

ホームズシリーズ(58編)が掲載されたストランド・マガジンの発行社ニューズ社の本社が1891年まであった場所

バーリー・ストリート(Burleigh Street )




《青いガーネット》

コヴェント・ガーデン

《青いガーネット》

エンデル街

《四つの署名)

ライシアム劇場

《赤い輪》
《バスカヴィル家の犬》

ロイヤル・オペラ・ハウス(コヴェント・ガーデン)
《バスカヴィル家の犬》

スタンフォード(旅行本と地図の店 )

《唇の捩れた男》

ウェリントン街とボウ街

2007.1.3

サウス・ケンジントン駅
South Kensington Underground Station

駅の地図と19世紀末頃のアルバート・ホールの写真
《隠居絵具師》 アルバート・ホール




2007.11.19

シャドウェルDLR&地下鉄駅
Shadwell DLR&Underground Station

西インド・ドックからロンドン・ドック周辺地図
《六つのナポレオン》 チャーチ街(架空名)
2007.7.10

セント・ジェームズ・パーク駅
St James's Park Underground




セント・ジェームズ・パーク駅と
ピムリコ駅周辺地図

《四つの署名》

グレート・ピーター街

《四つの署名》

ロチェスター通り

《美しき自転車乗り》

帝国劇場(トーテイシュ街)

2007.5.7
セント・ジョンズ・ウッド駅
St. John's Wood Underground Station


ブライオニー荘付近地図
《ボヘミアの醜聞》 セント・ジョンズ・ウッド区サーペンタイン広小路のブライオニー荘
2007.12.10

セント・ポール駅
St Paul's Underground Station


シティ南部の地図




《ノーウッドの建築士》

グラシャム・ビル

《赤髪組合》

キング・エドワード街

《緋色の研究》

セント・バーソロミュー病院



2007.3.29
番外 ダートムア 《バスカヴィル家の犬》
《白銀号事件》
《四つの署名》
 


タワー・ヒル駅
Tower Hill
Underground Station

シティ南部の地図

マザリンの宝石 ミノリーズ街



2007.3.25

























チャリング・クロス駅(1)
Charing Cross
Underground Station


























《最後の事件》 



アデレード街
(ローサー・アーケイドを通り抜けたワトスンが
馬車に乗り込んだ所)

《緋色の研究》


米国両替所(American Exchange、現在この建物はありません)
アメリカ両替所のあった、449 Strandの建物の写真を追加(2007年7月6日)
《高名な依頼人》
《ギリシア語通訳》

カールトン・クラブ(現在はSt.James's Streetに移転 )

《最後の挨拶》

《プライオリ学校》



カールトン・ハウス・テラス
(カールトン・ハウス・テラスにあった
ドイツ大使館の事を《最後の挨拶》の中でホームズは「デューク・オヴ・ヨーク記念塔の小さなドア」と言っています

《バスカヴィル家の犬》
《ウイステリア荘》
《アベ農場》

チャリング・クロス郵便局(移転したようで現在は郵便局はなし)


《バスカヴィル家の犬》
《高名な依頼人》

チャリング・クロス病院(現在は礎石に記された銘文のみ)

《ギリシャ語通訳》

チャリング・クロス

《高名な依頼人》

ノーサンバーランド・アベニュー

2007.1.6

































チャリング・クロス駅(2)
Charing Cross
Underground Station
































《ブルース・パティントン設計書》 チャリング・クロスホテル

《ボヘミアの醜聞》
《金縁の鼻眼鏡》
《アベ農場》
《空き家の冒険》
《第二の汚点》

チャリング・クロス駅





《アベ農場》


コックルパー街(アデレイド・サザンプトン航路の船会社の営業所在地)

《ソア橋》

クレイグ・コート (コックス銀行所在地)

《最後の事件》




ストランド 440番地(ローサー・アーケイドLowther Arcade 、ワトスンが通り抜けたアーケイド跡地にはビルが建っている。地下鉄の連絡通路があるので通り抜け可能)

《ギリシャ語通訳》

ペルメル街

ホワイト・ホール4番地
旧スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)

《緋色の研究》
《赤髪組合》
《スリークォーターの失踪》
《バスカヴィル家の犬》
《入院患者》
《四つの署名》

ストランド
(ストランドは通りの名前ですがストリートもアベニューもついていません。日本語に訳される時は「ストランド街」と訳されことが多いです)


《バスカヴィル家の犬》

トラファルガー広場

《花嫁失踪事件(独身貴族)》


トラファルガー広場の噴水


2007.1.6

チャンスリー・レーン駅
Chancery Lane
Underground Station

《三破風館 》 ホルボーン・バー


2006.11.26

テンプル駅
Temple Underground Station







《ボヘミアの醜聞》

インナーテンプル(法学院の一つ)

《瀕死の探偵》
《高名な依頼人》

シンプソンズ・イン・ザ・ストランド
(レストラン)

《まだらの紐》


サマーセット・ハウス
( 当時の遺言状の登記所 )

2006.12.17

トゥーティンベック駅
Tooting Bec Underground Station


《緑柱石の宝冠》事件地図
《緑柱石の宝冠》 ストレタム
(アレグザンダー・ホールダーの住居があった地区、ここで盗難事件が発生した)
2007年

トットナム コート ロード駅
Tottenham Court Road
Underground Station





《マスグレーブ家の儀式 》
《バスカビル家の犬》
《ウィステリア荘 》



大英博物館(ホームズは探偵として認められる前、「将来役にたちそうな学問をうんと手びろく勉強して」いた。《バスカビル家の犬》《ウィステリア荘 》では事件に関係あることを調べた。)

《青いガーネット》 Museum Tavern (アルファ・インのモデル

2006.11.16

ノッティングヒル・ゲイト駅
Notting Hill Gate Underground Station



ロンドン西部地図

《瀕死の探偵》

ロワー・バーク街(架空)

《六つのナポレオン》

カムデン・ハウス通り(架空)

《ブルース・パーティントン型設計図》 カムデン住宅館

2007.8.9
ハイ・ストリート・ケンジントン駅
High Street Kensington Underground Station

地図
《空き家の冒険》

チャーチ・ストリート

《六つのナポレオン》

ケンジントン・ハイ・ストリート

《六つのナポレオン》

ピット街

2007.11.7

パディントン駅
Paddington Underground Station

ロンドン西部地図
《株式仲買人》 パディントン区
《ボスコム谷の惨劇》《技師の親指》《白銀号》《バスカヴィル家の犬》 パディントン鉄道駅
2007.8.7

バービカン(オールダースゲイト)駅
Barbican (Aldersgate) Underground Station
《赤毛組合》 バービカン(オールダースゲイト)地下鉄駅
2007.2.12

バラ駅
Borough Underground Station

バラ駅周辺地図

《バスカヴィル家の犬》 ターピー通り三番地
2007.7.13
ハローアンドウィールドストーン駅
Harrow and Wealdstone Underground Station
《三破風館》 ハーロウ・ウィールド
2007.9.14


バンク駅
Bank Underground Station

シティ南部の地図


《株式仲買店員》 ロンバード街
《サセックスの吸血鬼》 オールド・ジュリイ街
《緑柱石の宝冠》 スレッドニードル街
《白面の兵士 》 スログモートン街

2007.3.16

ピカデリー・サーカス駅
Piccadilly Circus
Underground Station








《高名な依頼人》 カフェ・ロイヤル
《緋色の研究》 クライテリオン酒場
《高名な依頼人》 グラスハウス街
《赤髪組合》 セント・ジェームズ会館 ※
《バスカヴィル家の犬》 リージェント街
《ギリシャ語通訳》 シャフツベリ・アヴェニュー
《高名な依頼人》 セント・ジェームズ・スクェア
《高名な依頼人》 ロンドン図書館
《隠居絵具屋》 ヘイマーケット劇場
※1904年に取り壊され現在はLe Meridien Piccadilly が建っています。

2006.11.19


ピカデリー・サーカス駅(追記)
Piccadilly Circus
Underground Station


追記(Finding Sherlock's Londonには言及されていないが聖典に記載があり)

《ボヘミアの醜聞》
《ボスコム谷の惨劇》

2006.12.25

ピムリコ駅
Pimlico Underground Station

セント・ジェームズ・パーク駅と
ピムリコ駅周辺地図

《四つの署名》

ミルバンク刑務所

《四つの署名》

ヴィクスホール橋通り

《四つの署名》

ヴィンセント・スクェア(広場)

2007.5.7

ファリンドン街駅
Farringdon (Farrington) Street Underground Station
《赤髪組合》

ファリンドン街

《六つのナポレオン》

サフロン・ヒル

2007.1.12

ブラックフライアーズ駅
Blackfriars Underground Station

シティ南部の地図

《赤髪組合》
フリート街ポープス・コート

2007.3.29
  フルハム・ブロードウェイ駅
Fulham Broadway Underground Station
《バスカヴィル家の犬》
フルハム街(ロス・エンド・マングルズ畜犬商があった場所)
2007.9.10

ベイカー街駅(追記)
Baker Street Underground Station



現在(2007.5)のアベイ・ハウス(ベイカー街221)の工事状況
Kendall Place (空き家の冒険)
シャーロック・ミューズ
シャーロック・ホームズホテル

2007.5.8

ベイカー街駅
Baker Street Underground Station
現在(2006.10)のベイカー街221Bの風景
Baker Street 221B
2006.10.22

ベイカー街駅(1)
Baker Street Underground Station

「ワトスンの記したベイカー街221B」は現在のベイカー街31番地説に基づいた探索 2006.12.16










ベイカー街駅(2)
Baker Street Underground Station















《緑柱石の宝冠》

ベイカー街駅

ベーカールー線のプラットホーム
(ホームズのシルエットイラスト)

ジュビリー線のプラットフォーム
(ホームズ物語のイラスト)

シャーロック・ホームズ像

アベイ・ハウス跡(建替中) ベイカー街221Bに建っている建物


ホームズ博物館
現在はベイカー街221B宛の手紙を受け取り
世界中に返事を出している。
(実際は
239番地)

2006.12.17

ベイカー街駅(3)
Baker Street Underground Station




《空き屋の冒険》 マンチェスター街 、ランドフォード街


シャーロック・ホームズホテル

2006.12.17
番外 ポーツマス ポーツマス(Portsmouth) 1
ポーツマス博物館
(リチャード・ランセリン・グリーン氏のコレクションが展示されている)

ポーツマス(Portsmouth) 2
《緋色の研究》《海軍条約文書》《最後の挨拶》






ホルボーン駅
Holborn Underground Station








《入院患者》
《ブルース・
パティントン設計書》
フリート街


《ウイステリア荘》 ハイ・ホルボーン(通りの名前)
《マスグレーブ家の儀式》

モンタギュー街

《バスカヴィル家の犬》

外科大学の陳列所
(Royal College of Surgeons の博物館)
《緋色の研究》

ホルボーン料理店(FSLに記載なし、1955年に取り壊されています)
2006.12.9









ボンド街駅
Bond Street Underground Station
























《白銀号事件》
《バスカヴィル家の犬》

ボンド街


入院患者》

ブルック街

《最後の挨拶》
《ソア橋》

クラリッジス・ホテル


《三破風館》

グロヴナー・スクェア

《最後の事件》

メリルボーン横丁(Marylebone Lane )

《プライオリ学校 》
《フランシス・カーファクス姫の失踪 》
《バスカヴィル家の犬》
《ギリシャ語通訳》

オックスフォード街





《高名な依頼人》

クイーン・アン街

《高名な依頼人》

サザビー(オークション会場)

《最後の事件》

ヴィア街

《最後の事件》

ベンティンク街とウェルベック街

2006.12.25

マーブル・アーチ駅
Marble Arch Underground Station






《赤髪組合》
《黄色い顔》

《花嫁失踪事件》


ハイド・パーク(《黄色い顔》はリージェント・パークの可能性もあります)

ハイド・パーク内のサーペンタイン池(写真は後日掲載予定)

《空き家の冒険》

パーク・レーン

2006.12.30

マンション・ハウス駅
Mansion House Underground Station

シティ南部の地図

《唇の捩れた男》 ポール荷揚場
《唇の捩れた男》 上スワンダム小路

2007.3.27

モアゲイト駅
Moorgate Underground Station

《株式仲買人》 ドレイパーズ・ガーデン

2007.2.12


モニュメント駅
Monument
Underground Station

シティ南部の地図

《マザリンの宝石》 ライム街
《ブルース・
パティントン設計書》
ロンドン橋


2007.3.25

ユーストン駅
Euston Underground Station


ユーストン駅周辺地図

《緋色の研究》
《プライオリ学校》
《白面の兵士》

ユーストン鉄道駅



2007.4.2
ユーストン駅周辺


現在と19世紀末頃の駅周辺地図

《緋色の研究》

リトル・ジョージ街



2007.5.8



ユーストン・スクェア駅
Euston Square Underground Station


ユーストン・スクェア駅周辺地図

《花嫁失踪事件(独身貴族)》 ゴードン・スクェア226




2007.2.25
ライムハウスDLR駅
Limehouse Dockland Light Railway Station

西インド・ドックからロンドン・ドック周辺地図
《緋色の研究》《黒ピーター》 ラトクリフ街(現在はザ・ハイウェイ)
2007.7.9
ランカスター・ゲイト駅
Lancaster Gate Underground Station

ロンドン西部地図
《花嫁失踪事件》 ランカスター・ゲイト
2007.8.7

ラッセル・スクエア 駅
Russel Square Underground Station



《赤い輪》 グレート・オーム街(架空の通りの名)
Great Ormond (ORME) Street

《踊る人形》 ラッセル・スクエア


2006.11.13

リージェント・パーク駅
Regent's Park Underground Station


《悪魔の足》
《青いガーネット》
《入院患者》
(《ショスコム荘》)
ハーリー街



2006.12.30

リヴァプール街駅
Liverpool Street Underground Station
《踊る人形》
《隠居絵具屋 》
リヴァプール街(鉄道)駅
2007.2.12
ロザハイズ駅
Rotherhithe Undergraound Station

西インド・ドックからロンドン・ドック周辺地図
《瀕死の探偵》 ロザハイズ(地名)