著作権代理人A・P・ワットからコナン・ドイルと関係者あてのビジネスレター(1891年3月〜6月)

  A・P・ワット『レター・ブック』第25巻閲覧報告-3 (改訂版)  
                                                                                        翻訳と解説 熊谷彰  (公開日2018年4月14日:改訂版2018年9月10日)
   

4.『グッド・ワーズ』誌とインフルエンザ
 《ボヘミアの醜聞》の原稿を『ストランド』誌へ渡してから約1か月後、ワットは別の仲介業務を開始した。この仕事にドイルのインフルエンザという病気が絡んでいく。「はじめに」に書いたように、これは今回の『レター・ブック』第25巻の閲覧で初めてわかったことであった。いくつか解釈の難しい手紙があるが、次にこれらの出来事に関連する通信記録を順番に見ていきたい。

   

☆1891.5.1 ワットからドイルへ、タイプ手紙〈375〉

ドクター・ドイルさま。

 貴殿の昨日付のお手紙を受け取りました。ただちに『グッド・ワーズ』誌の人々の所へ行き、貴殿が物語を書けるかもしれない、最低原稿料200ギニーと知らせました。もし同誌がその物語を受け入れようとしなくても、それほど苦労せずに同じあるいはもっと高いレートで他の所へ決められると思います。

親愛なる [自筆署名]

…………………………………………………………………………………………………………

★解説
 『グッド・ワーズ』誌は1860年から1906(または1910)年にかけて発行されたイギリスの月刊誌である。ワットはこの手紙で最初に、『グッド・ワーズ』誌に小説は書けるが最低原稿料は200ギニーという、昨日付の手紙でドイルから届いた意思表示と条件をただちに『グッド・ワーズ』誌の関係者へ知らせたと報告する。
 しかし、問題はその後である。ワットは『グッド・ワーズ』誌が何と答えたかを記していないし、『グッド・ワーズ』誌以外の雑誌へも売り込めると続けている。この部分をどう解釈するかだが、ドイルは『グッド・ワーズ』誌と1か月後に原稿料150ポンドで小説執筆契約を結んだ。ドイルがこのとき求めた最低原稿料は200ギニー(210ポンド)。だから、ワットはこの最低原稿料への『グッド・ワーズ』誌側の反応を見て難しい交渉になると判断したのではないか。そこで、直接的な言葉は避けて控えめに交渉の見通しと対案を記したというのが私の読み方である。ともあれ、この手紙を手始めに「『グッド・ワーズ』誌の件」がスタートする。

☆1891.5.13 ワットからドイルへ、タイプ手紙〈545〉

ドクター・ドイルさま。

 貴殿の昨日付のお手紙とシャーロック・ホームズ・シリーズ第5作の原稿を一緒に受け取りました。これはただちに『ストランド・マガジン』へ渡します。
 『グッド・ワーズ』誌の件についてお話しするために明朝ウィンポール・ストリート2番地に貴殿を訪問したく思います。お手紙の差出住所ですから、ここでお会いできると考えております。
 お体の具合が非常に悪かったと聞き、お気の毒です。でも、もうすっかり良くなられたと思います。

親愛なる[自筆署名]

…………………………………………………………………………………………………………

★解説
 最初の2行を前章で引用した手紙だが、ここでは残りの部分に注目したい。ドイルの意思表示や条件を『グッド・ワーズ』誌へ伝えてから約2週間が経過した。そこでワットは交渉の進みぐあいを報告し、ドイルの意見を聞くために、このときドイルと会おうとしたのではないだろうか。
 ドイルは3月下旬に、この年はじめからのヨーロッパ大陸滞在を終えてロンドンに帰還した。モンタギュー・プレース23番地に住まいを借り、アッパー・ウィンポール・ストリート2番地で眼科を開業する(または仕事場を確保する)。「お手紙の差出住所」であるウィンポール・ストリート2番地を訪問すると、ワットはドイルに告げている。
 ワットはこの手紙の末尾でドイルの健康状態に触れている。前日付のドイルからの手紙に書いてあったのだろうが、この時点では深刻には考えていないようである。

☆1891.5.15 ワットからドイルへ、タイプ手紙〈578〉

ドクター・ドイルさま。

 貴殿の本日付の電報を受け取りました。
 インフルエンザから回復されつつあると思います。
 『グッド・ワーズ』向けの物語についてですが、ここ数日ならどうしても急ぐことではありません。ですから、来週火曜日の12時半頃にモンタギュー・ストリート[←原文のまま]へ(反対のお知らせがなければ)訪問させていただければと思います。

親愛なる [自筆署名]

…………………………………………………………………………………………………………

★解説
 直接的にはこの日に受け取った電報への返信だが、13日付の手紙に対してドイルから、インフルエンザのためウィンポール・ストリートには通っていないし、面会できないという連絡が来たのではないか。そこで面会日時と場所を再設定したというのが、この手紙から読みとれる出来事の流れである。
「来週火曜日」は4日後の5月19日だが、差しつかえがなければご自宅を訪問したい、とワットはドイルに告げている。インフルエンザという病名はこの手紙ではじめて登場する。


☆1891.5.19 ワットからドイルへ、タイプ手紙〈609〉

ドクター・ドイルさま。

 貴殿の電報に書かれていた住所を読み間違え、あいにくなことに本日ご自宅を見つけられませんでした。
 『グッド・ワーズ』誌への物語についてですが、先方の編集長は貴殿が書こうとお考えのような物語、すなわち長さ50,000語の物語には150ポンド以上出せないと言っています。もし貴殿がそれでも同誌へ書こうとお考えになるのであれば、40,000語くらいの物語をこの金額で同誌向けに書き、さらに私がイズビスター社と話をまとめて、アメリカでの同時連載のためにその物語を売却することを私どもへお任せくださるように提案いたします。こういう条件であれば、物語を書いても貴殿にとって割があうと思います。どうか、この問題についてお考えをお聞かせ願います。
 また、いつウィンポール・ストリート2番地に戻られるのか、わかればうれしく思います。

親愛なる [自筆署名]

…………………………………………………………………………………………………………

★解説
 ワットは面会を再設定したこの日にもドイルと会えなかったらしい。そこで、直接話そうと考えていた『グッド・ワーズ』誌との交渉の現状や新たな提案を、この手紙に記したのだと思われる。
 その内容だが、ドイルが最低200ギニー(210ポンド)の原稿料を求めたのに対して、『グッド・ワーズ』誌が出せる金額は150ポンド。しかもドイルが書こうと考えている字数は50,000語だから、原稿料150ポンドだと1,000語3ポンドという低いレートになる。そこでワットは『グッド・ワーズ』誌との交渉をこれ以上続けるかとドイルの意思を問い、続けるなら現在のレートである1,000語4ポンドへ近づけるため、字数を40,000語に減らすように提案したのではないだろうか(40,000語150ポンド=1,000語3.75ポンド)。さらに、ワットはアメリカでの同時連載も図りたいと言っている。これらの提案の背後には、現在の作家の評価にふさわしい契約を結びたいという著作権代理人としての姿勢があったというのが私の意見である。
 ドイルが何と答えたかは不明だが、『グッド・ワーズ』誌との交渉は続いていった。

 前章で引用した5月20日付のミス・ドイル宛ての手紙の中で、ワットは『グッド・ワーズ』誌の件に触れている。ドイルとの面会も予定していたらしいが、またもや会えなかったようである。

 その後の2通のドイル宛の手紙は閲覧の際にコピーを取らなかった。そこで、閲覧時に取ったメモにもとづいて『グッド・ワーズ』誌の件に関連する部分をご紹介したい。


★1891.5.23 ワットからドイルへ、タイプ手紙〈677〉

 『ストランド』誌からの小切手到着を知らせる手紙だが、ワットはその中で「『グッド・ワーズ』誌の件がうまくいくのに期待」すると言っている。さらに「インフルエンザの悪影響から、もう抜け出されたことと思います」と書いている。

★1891.5.29 ワットからドイルへ、タイプ手紙〈748〉

 ワットはこの手紙でドイルに「少々重要な用件があり、貴殿とお話ししたく思います。(ご都合のよい)時間を知らせてくだされば、その時間にうかがいます」と言っている。どういう用件かは書いていないが、『グッド・ワーズ』誌との交渉が大詰めに来たのだと思われる。

 ヘスキス・ピアソンのドイル伝はドイルの1891年版ポケット・ダイアリーの書き込みから『グッド・ワーズ』誌との契約に関する部分も引用している。内容は次のとおり。「6月1日:『グッド・チアー』に150ポンドで(42,000語を)書くとグッド・ワーズと契約。原稿は9月1日までに用意」。ちなみに、『グッド・チアー』は『グッド・ワーズ』クリスマス号の名称のようである。

 契約翌日に、ワットはアメリカの出版社とドイルへ手紙を出した。そのうちアメリカ宛ての手紙はコピーを取らなかったので、メモにもとづき内容をご紹介したい。

★1891.6.2 ワットからイズビスター社T・ローボーンへ、タイプ手紙〈791〉

 5月19日付の手紙でドイルに提案したとおり、ワットはこの手紙で『グッド・ワーズ』誌向けの小説をアメリカへ売り込んでいる。また、「この件について先日ドイル博士にお会いした」とも書いている。この時期になって、ようやくドイルに会えたようである。

☆1891.6.2 ワットからドイルへ、タイプ手紙〈797〉

ドクター・ドイルさま。

 貴殿の昨日付のお手紙を受け取りました。バレスティアが買ったのは貴殿がお考えのとおり《ラッフルズ・ホーの奇蹟》のアメリカ単行本権だけであります。少し前に貴殿にお会い致しましたときに、(ご記憶から抜け落ちておられるようですが)この小説の使用権をニューヨークのS・S・マクルーア氏に40ポンドで売却したことと、同時にシャーロック・ホームズ物6作のアメリカ連載権をこの紳士に50ポンドで売却したことをお話ししました。そのとき貴殿が非常に良い売り込みだと思うとおっしゃって下さったことを覚えております。
『グッド・ワーズ』誌との契約の要点を書いておくのがよろしいかもしれません。物語は今年11月26日頃に発行される『グッド・ワーズ』クリスマス号向けです。貴殿は(長さが45,000語以下でない)物語の完成原稿を今年9月1日以前に渡すことになります。

親愛なる [自筆署名]
 (追伸は省略)


…………………………………………………………………………………………………………

★解説
 こちらはコピーをとった手紙である。
 ワットは仲介業務の現状をひととおり報告している。最初の話題はアメリカ関連だが、《ラッフルズ・ホーの奇蹟》とホームズ6作の原稿料をめぐり、ドイルとの間に行き違いがあったらしい。ワットは4月14日付の手紙でS・S・マクルーアへ知らせた金額を、この手紙でドイルに繰り返している。
 その後、「『グッド・ワーズ』誌との契約の要点」を書いているが、この要点に関しても1891年版ポケット・ダイアリーの書き込みとの間に若干の違いがある。書く小説の長さがダイアリーでは42,000語だったのに、この手紙だと45,000語になる。前章ではホームズ2短編──《ボヘミアの醜聞》と《オレンジの種五つ》の原稿送付の日付の違いを指摘した。これらの違いはワットの手紙が信頼できるが、この手紙で持ちあがった書く小説の長さの違いの方は、どちらが正しいか判断が難しい。
 しかし、5月19日付のワットの手紙でも原稿料は150ポンドだったから、いずれにしても『グッド・ワーズ』誌との契約は現在のレートである1,000語4ポンドには届かなかった(42,000語150ポンド≒1,000語3.57ポンド/45,000語150ポンド≒1,000語3.33ポンド)。

 それでもワットは原稿料を現在の作家の評価へ近づけようと努力して、アメリカの出版社にも働きかけ、だいたい一か月で契約まで持ち込んでいる。著作権代理人としてのすぐれた実力を読み取れるのかもしれないが、5月13日以降ぶつかったのがドイルのインフルエンザである。
 『グッド・ワーズ』誌に小説を書くという話が5月1日には始まっていたことと、ドイルのインフルエンザがこの小説の仲介作業の妨げになったことの2点は、『レター・ブック』第25巻の閲覧ではじめて明らかになった。

 ここで『グッド・ワーズ』誌の件のその後を書いておきたい。ドイルは1891年6月25日にロンドン郊外サウス・ノーウッドへ引っ越して、7月8日に中編小説《都市郊外で(Beyond the City)》の原稿を『グッド・ワーズ』誌へ送った(ピアソンのドイル伝による。日付の根拠はドイルの1891年版ポケット・ダイアリー)。『グッド・ワーズ』誌は契約どおり、この年のクリスマス号に《都市郊外で》を一括掲載した。

 この後、『レター・ブック』第25巻はドイルあての手紙を2通収録している。差出日は6月6日と11日で、どちらも用件は《ラッフルズ・ホーの奇蹟》の単行本である。最後に、そのうち6月11日付の手紙を引用したい。

☆1891.6.11 ワットからドイルへ、タイプ手紙〈934〉

ドクター・ドイルさま。

 貴殿の今月10日付のお手紙を受け取りました。本日、貴殿のお手紙の話題に関連してカッセルズ社の支配人にお会いします。数日以内に間違いなくふたたび貴殿と言葉を交わしあえると考えております。
 インフルエンザとその影響から、もうすっかり立ち直られたことと思います。失礼いたします。

親愛なる [自筆署名]

…………………………………………………………………………………………………………

★解説
  『ドイル書誌』によると、ドイルは1891年10月5日にカッセルズ社と《ラッフルズ・ホーの奇蹟》のイギリスおよび植民地版単行本の出版契約を結んだ。カッセルズ社は翌1892年3月5日にイギリス版単行本を出している。
 『レター・ブック』第25巻が収録したドイル宛の手紙はこれが最後だが、インフルエンザの話題はこの手紙まで続いている。第25巻最後の手紙は6月13日付でページ数は974。その後は1002ページまで空白になっている。

     


     
「コナン・ドイルの全作品の内容紹介と解説」に戻る

「コナン・ドイルの世界」に戻る