コナン・ドイルの世界
(コナン・ドイルのホームズシリーズを含む全作品の
リストあり)
 

 




 


コナン・ドイルの全作品の内容紹介と解説(その1:初期作品の研究1879〜1893)
「ササッサ谷からライヘンバッハの滝までの小説」 
(連載中 2014年12月2日公開、2018年6月15日最終更新)

 

 

 

 

 


コナン・ドイルの全作品の原題と邦題リスト(その2:中期作品の研究1894〜1906)
「妻ルイーザの闘病そして亡くなるまでの期間」

(2015年1月3日公開、2016年2月27日追記、内容紹介は後日を予定しています)
(コナン・ドイルの伝記・研究書を読むと最初の妻の名前がLouisa(ルイーザ)とLouise(ルイーズ)の
二通りありますが、結婚証明書などの正式な書類に書かれているのは「ルイーザ」、通称と墓碑銘
は「ルイーズ」です。また家族の間では
「Touie(トゥーイ)」という愛称で呼ばれていたそうです)

 

 

 

 

コナン・ドイルの全作品の原題と邦題リスト(その3:後期作品の研究1908〜1930)
「二度目の結婚から心霊学の布教そして最期まで」
(2015年1月3日公開、内容紹介は後日を予定しています)

  著作権代理人A・P・ワットからコナン・ドイルと関係者あてのビジネスレター(1891年3月〜6月)
     


A・P・ワット『レター・ブック』第25巻閲覧報告-1
「1.はじめに」と「2.概要」
調査・翻訳・解説:熊谷彰(2018年4月14日公開)
  A・P・ワット『レター・ブック』第25巻閲覧報告-2
「3.ホームズ関連の手紙」
 調査・翻訳・解説:熊谷彰(2018年4月14日公開)
 

A・P・ワット『レター・ブック』第25巻閲覧報告-3
「4.『グッド・ワーズ』誌とインフルエンザ」
  調査・翻訳・解説:熊谷彰(2018年5月11日公開)

  A・P・ワット『レター・ブック』第25巻閲覧報告-4
「5.まとめ」 
  調査・翻訳・解説:熊谷彰(2018年5月11日公開)
  A・P・ワット『レター・ブック』第25巻閲覧報告-5
「6.手紙一覧表」
 調査・翻訳・解説:熊谷彰(2018年5月11日公開)
 


コナン・ドイルとスピリチュアリズム 
(注と解説有り)
 岡本鶴松(著『異国の華を尋ねて』(1927年刊行)より(2018年7月12日公開)

 1.執筆者によるコナン・ドイルとスピリチュアリズムの説明

 2.コナン・ドイルの説く『キリストとスピリチュアリズム』からの引用

 3.岡本鶴松の「スピリチュアリズム」についての独自の見解


    コナン・ドイル自伝『回想と冒険』第23章「著名な人々」より
(延原謙訳『わが思い出と冒険 コナン・ドイル自伝』では第23章は丸ごとカットされています)
     
紹介されている人々
政治家 ローズヴェルト大統領 バルフォア卿 アスキス氏、ホールデーン卿 
著作家 ジョージ・メレディス ラドヤード・キプリング ジェイムズ・バリ バーナード・ショー 
     R.L.S. グラント・アレン ジェイムズ・ペイン ヘンリー・トンプソン
俳優  ヘンリー・アーヴィング 
王室の方々
  ローズベルト大統領 熊谷彰訳と訳者解説  (2018年2月14日公開)


バルフォア卿    熊谷彰訳と訳者解説  (2018年3月14日公開)
(政治家・心霊学研究家)

アスキス氏とホールデーン卿 熊谷彰訳と訳者解説  (2018年3月14日公開)
(『最後の挨拶』に登場する首相はアスキス氏)

 
ジョージ・メレディス  
熊谷彰訳   (2018年1月14日公開)
   
    ホームズ研究家:長沼弘毅の作品を中心とした年譜  
「1951年のミステリー論デビュー作から1961年の『シャーロック・ホームズの知恵』及びBSI入会、
そして最期まで」 2017年6月15日アップ
    「日本では『コナン・ドイルがジョン・H・ワトスンの著作権代理人』になったのか?」の資料
「黒沼健の事件簿(1934年発表)」と「W・H・ベル(1932年発表)の年代学」の比較の年表と解説
                           (2017年5月2日アップ)
    アーサー・コナン・ドイルの妹ロティに関する年表
(2017年2月12日アップ)
   

心霊雑誌に掲載されたコナン・ドイルの『テスト・メッセージ』 訳と解説:熊谷彰
『光(Light)』1887年7月2日号掲載 (2016年10月16日アップ)

    『私の第一作』と「若書きの作品」-------解説と内容紹介 熊谷 彰
1894年8月刊行の単行本『私の第一作(My First Book)』とコナン・ドイルのエッセー「若書きの作品」の解説と内容紹介(2016年8月17日アップ)
    コナン・ドイルのエッセー『若書きの作品』(イラスト有り) 熊谷 彰訳
イラストは1894年刊行の単行本”My First Book”(復刻版)より (2016年7月22日アップ)
    コナン・ドイルのエッセー『若書きの作品』 熊谷 彰訳
初出誌:アイドラー誌1893年1月号 (2016年5月26日アップ、6月3日訳者後書き修正)
   

 


『コナン・ドイルの初期作品の研究』(1879〜1893)
「語られなかった作品及び行方不明になった作品」のまとめ
(2014年12月2日)

 

 

 

 

 

『コナン・ドイルの初期作品の研究』(1879〜1893)
 「ササッサ谷からライヘンバッハの滝まで」の年表
(2017年10月3日最終更新)

 

 

 

『コナン・ドイル小説全集』の内容紹介
 (120部限定の私家版、刊行中) 笹野史隆訳 
(2014年11月12日公開、2018年4月30日最終更新)

 




スイスのダヴォスにあるコナン・ドイルの記念プレート
(2012年7月9日追記)



コナン・ドイル博士との一日
A Day with Dr.Conan Doyle.
ストランド・マガジン1892年8月号掲載



ジョセフ・ベル博士についての参考文献





Round the Fire(炉辺物語)について



「炉辺物語」の解説  (グリーンとギブソンの書誌より)

  足のまがった食料品商の話   堀江 珠喜 訳
Round the Fire(炉辺物語)
VI.--THE STORY OF THE CLUB-FOOTED GROCER.
    足のまがった食料品商の話(前編)

足のまがった食料品商の話(中編)

足のまがった食料品商の話(後編)

 
1891年〜1908年ストランド・マガジン掲載の
コナン・ドイル&シドニー・パジェット年表


[PR]カウンター