コナン・ドイルの世界
(コナン・ドイルのホームズシリーズを含む全作品の
リストあり)
 

 




 


コナン・ドイルの全作品の内容紹介と解説(その1:初期作品の研究1879〜1893)
「ササッサ谷からライヘンバッハの滝までの小説」 
(連載中 2014年12月2日公開、2017年10月3日最終更新)

 

 

 

 

 


コナン・ドイルの全作品の原題と邦題リスト(その2:中期作品の研究1894〜1906)
「妻ルイーザの闘病そして亡くなるまでの期間」

(2015年1月3日公開、2016年2月27日追記、内容紹介は後日を予定しています)
(コナン・ドイルの伝記・研究書を読むと最初の妻の名前がLouisa(ルイーザ)とLouise(ルイーズ)の
二通りありますが、結婚証明書などの正式な書類に書かれているのは「ルイーザ」、通称と墓碑銘
は「ルイーズ」です。また家族の間では
「Touie(トゥーイ)」という愛称で呼ばれていたそうです)

 

 

 

 

コナン・ドイルの全作品の原題と邦題リスト(その3:後期作品の研究1908〜1930)
「二度目の結婚から心霊学の布教そして最期まで」
(2015年1月3日公開、内容紹介は後日を予定しています)

  ホームズ研究家:長沼弘毅の作品を中心とした年譜  
「1951年のミステリー論デビュー作から1961年の『シャーロック・ホームズの知恵』及びBSI入会、
そして最期まで」 2017年6月15日アップ
    「日本では『コナン・ドイルがジョン・H・ワトスンの著作権代理人』になったのか?」の資料
「黒沼健の事件簿(1934年発表)」と「W・H・ベル(1932年発表)の年代学」の比較の年表と解説
                           (2017年5月2日アップ)
    アーサー・コナン・ドイルの妹ロティに関する年表
(2017年2月12日アップ)
   

心霊雑誌に掲載されたコナン・ドイルの『テスト・メッセージ』 訳と解説:熊谷彰
『光(Light)』1887年7月2日号掲載 (2016年10月16日アップ)

    『私の第一作』と「若書きの作品」-------解説と内容紹介 熊谷 彰
1894年8月刊行の単行本『私の第一作(My First Book)』とコナン・ドイルのエッセー「若書きの作品」の解説と内容紹介(2016年8月17日アップ)
    コナン・ドイルのエッセー『若書きの作品』(イラスト有り) 熊谷 彰訳
イラストは1894年刊行の単行本”My First Book”(復刻版)より (2016年7月22日アップ)
    コナン・ドイルのエッセー『若書きの作品』 熊谷 彰訳
初出誌:アイドラー誌1893年1月号 (2016年5月26日アップ、6月3日訳者後書き修正)
   

 


『コナン・ドイルの初期作品の研究』(1879〜1893)
「語られなかった作品及び行方不明になった作品」のまとめ
(2014年12月2日)

 

 

 

 

 

『コナン・ドイルの初期作品の研究』(1879〜1893)
 「ササッサ谷からライヘンバッハの滝まで」の年表
(2017年10月3日最終更新)

 

 

 

『コナン・ドイル小説全集』の内容紹介
 (120部限定の私家版、刊行中) 笹野史隆訳 
(2014年11月12日公開、2016年8月11日最終更新)

 




スイスのダヴォスにあるコナン・ドイルの記念プレート
(2012年7月9日追記)



コナン・ドイル博士との一日
A Day with Dr.Conan Doyle.
ストランド・マガジン1892年8月号掲載



ジョセフ・ベル博士についての参考文献





Round the Fire(炉辺物語)について



「炉辺物語」の解説  (グリーンとギブソンの書誌より)

  足のまがった食料品商の話   堀江 珠喜 訳
Round the Fire(炉辺物語)
VI.--THE STORY OF THE CLUB-FOOTED GROCER.
    足のまがった食料品商の話(前編)

足のまがった食料品商の話(中編)

足のまがった食料品商の話(後編)

 
1891年〜1908年ストランド・マガジン掲載の
コナン・ドイル&シドニー・パジェット年表


[PR]カウンター