『コナン・ドイルの中期作品の研究』 (1894年〜1906年)
  
「妻ルイーザの闘病そして亡くなるまでの期間」の小説作品の原題と邦題及び内容紹介 
  
(内容紹介の連載は後日を予定しています)                                                                  by 関矢悦子

      『コナン・ドイル小説全集』は笹野史隆氏が2004年より120部限定で刊行している全集です。

 ⇦コナン・ドイルの初期作品の原題と邦題          コナン・ドイルの後期作品原題と邦題⇨

発表順 発表年 原題 読む予定の邦題と収録本
1893年11月から妻ルイーザの療養のために各地を移動する生活になる。
1894年 The Doctors of Hoyland   《ホイランドのお医者さん達》吉田勝江訳『コナン・ドイルのドクトル夜話』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
  Sweethearts   《恋人達》白阪玲麻訳『ラウンド・ザ・レッドランプ』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
  The Lord of Chateau Noir   《黒館の主》谷口王華訳、『宝石、昭和28年2・3月号』
  Behind the Times    《老先生》 吉田勝江訳『コナン・ドイルのドクトル夜話』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
  His First Operation   《はじめての手術》吉田勝江訳『コナン・ドイルのドクトル夜話』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
  The Third Generation   《三代目に生まれて》白阪玲麻訳『ラウンド・ザ・レッドランプ』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
  The Curse of Eve   《イヴの呪い》吉田勝江訳『コナン・ドイルのドクトル夜話』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
  A Medical Document   《医者たちのドキュメント》 白阪玲麻訳『ラウンド・ザ・レッドランプ』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
  The Surgeon Talks   《外科医は語る》吉田勝江訳『コナン・ドイルのドクトル夜話』
短編集”Round The Red Lamp”に収録されている作品。
長篇   The Stark Munro Letters   《スターク・マンローからの手紙》田中喜芳訳
  連載はアイドラー誌1894年10月号〜1895年11月号
  The Parasite   《寄生体》白須清美訳『ドイル傑作集2:北極星号の船長』創元推理文庫
  The Medal of Brigadier Gerard   《准将が勲章をもらった顛末》上野景福訳『勇将ジェラールの回想(7)』
  A Foreign Office Romance   《外務省のロマンス》笹野史隆訳『北海文学86』
1895年 The Recollections of Captain Wilkie   《ウイルキー大尉の思い出話》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3』
  How the Brigadier Held the King   《准将が王様をつかんだ顛末》上野景福訳『勇将ジェラールの回想(3)』
  How the King Held the Brigadier   《王様が准将を捕まえた顛末》上野景福訳『勇将ジェラールの回想(4)』
  How the Brigadier Slew the Brothers of Ajaccio   《准将がアジャクショの殺し屋を斬った顛末》
上野景福訳『勇将ジェラールの回想(2)』
  How the Brigadier Came to the Castle of Gloom   《准将が〈陰鬱な城〉へ乗りこんだ顛末》
  上野景福訳『勇将ジェラールの回想(1)』
  How the Brigadier Took the Field Against the Marshal Millefleurs   《准将がミラフール元帥に戦闘をしかけた顛末》
上野景福訳『勇将ジェラールの回想(5)』
  How the Brigadier was Tempted by the Devil   《准将が悪魔に誘惑された顛末》
上野景福訳『勇将ジェラールの回想(8)』
  How the Brigadier Played for a Kingdom   《准将が王国を賭けてゲームをした結末》
上野景福訳『勇将ジェラールの回想(6)』
長篇 1896年 Rodney Stone   《ロドニー・ストーン》
大木惇夫『ドイル全集第4巻』改造社、連載ストランド誌1月号〜12月号
  The Three Correspondents   《従軍記者》熊本謙二郎訳『英語青年 明治41年4月1日~明治42年3月1日』
  The Field Bazaar  

《野外バザー》高田寛訳『河出書房新社シャーロック・ホームズ全集第6巻』、
別題に《競技場バザー》北原尚彦訳『ドイル傑作集1 まだらの紐』創元文庫

長篇 1897年 Uncle Bernac   《伯父ベルナック》田中早苗訳『ドイル全集第8巻』改造社
連載はマンチェスター・ウィクリー・タイムズ誌1月8日号〜3月5日号
  Tales of the High Seas:
I.The Governor of St. Kitt's
  《シャーキー船長行状記:セント・キット島総督、本国に帰還す》
今本渉訳『ドイル傑作選5:陸の海賊』創元推理文庫、
別題に《シャーキィ船長:セント・キット島長官が本国に帰還するときの奇談》延原謙訳『ドイル傑作集6:海賊編』新潮文庫
  Tales of the High Seas:
II. The Two Barques
  《シャーキー船長行状記:シャーキー対スティーヴン・クラドック》
今本渉訳『ドイル傑作選5:陸の海賊』創元推理文庫、
別題に《ドイル傑作選5:シャーキィ船長:シャーキィ船長との勝負》延原謙訳『ドイル傑作集6:海賊編』新潮文庫
  Tales of the High Seas:
III. The Voyage of Copley Banks
  《シャーキー船長行状記:コプリー・バンクス、シャーキー船長を葬る》
今本渉訳『ドイル傑作選5:陸の海賊』創元推理文庫、
別題に《シャーキィ船長:シャーキィはどのように殺されたのか》延原謙訳『ドイル傑作集6:海賊編』新潮文庫
長篇   The Tragedy of the Korosko   《コロスコ号の悲劇》水野一郎訳『ドイル全集第4巻』改造社
連載はストランド誌6月号〜12月号
  The Striped Chest   《縞のある衣類箱》延原謙訳『ドイル傑作集2:海洋奇談編』新潮文庫
  The Fiend of the Cooperage   《樽工場の怪》西崎憲訳『ドイル傑作選2: 北極星号の船長』創元推理文庫
1897年3月15日、コナン・ドイルはジーン・レッキー(再婚相手)と出会い、恋愛関係が始まる。
  (この頃、家族は離れて暮らしていた。妻と妻の母はイーストボーン、家庭教師と子供はライゲートにいた)

1897年10月、妻ルイーザの療養のためにハインドヘッドに建てた豪邸アンダーショーに住み始める。
1898年 The New Catacomb   《新しい地下墓地》延原謙訳『ドイル傑作集3:恐怖編』新潮文庫
  The Confession   《告白》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス
  The Story of the Beetle Hunter   《甲虫採集家》延原謙訳『ドイル傑作集1:ミステリー編』新潮文庫
  The Story of the Man with Watches   《時計だらけの男》北原尚彦訳『ドイル傑作選1:ミステリー編』創元推理文庫
  The King of the Foxes   《狐の王》西崎憲訳『ドイル傑作選1:ミステリー編』創元推理文庫
  The Story of the Lost Special   《消えた臨時列車》北原尚彦訳『ドイル傑作選1:ミステリー編』創元推理文庫
  The Story of the Sealed Room   初邦訳は田中早苗訳《暗室の秘密》
1924年雑誌『女学世界』にて連載、この訳は2016年1月くもん出版刊行の「家族だからって、わからないこともある。」に収録されている。

この他に《開かずの部屋》という題で
延原謙訳『ドイル傑作集3:冒険編』新潮文庫に収録。
  The Story of the Black Doctor   《色黒医師》横溝正史『ドイル全集第8巻』改造社、
別題に延原謙訳《膚黒医師》『ドイル傑作集1:ミステリー編』新潮文庫
  The Story of the Club-Footed Grocer   《足のまがった食料品商の話》堀江珠喜訳『当サイトに掲載』
《えび足の食糧雑貨商》笹野史隆訳『北海文学88号』
  The Story of the Brazilian Cat   《ブラジル猫》延原謙訳『ドイル傑作集3:恐怖編』新潮文庫
  The Retirement of Signor Lambert   《シニョール・ランバートの引退》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』
別題に《シニョール・ランベルトの引退》富塚由美訳『ドイル傑作編5』創元推理文庫
  A Shadow Before   《前方の影》笹野史隆訳『北海文学89号』
1899年 The Story of the Japanned Box   《漆器の箱》延原謙訳『ドイル傑作集1:ミステリー編』新潮文庫
  The Story of the Jew's Breast-Plate   《ユダヤの胸牌》延原謙訳『ドイル傑作集1:ミステリー編』新潮文庫
  The Story of B 24   《B24号》横溝正史訳『ドイル全集第8巻』改造社
  A True Story of the Tragedy of Flowery Land   《フラワリー・ランド号の悲劇の真相》
小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス
長篇   A Duet   《愛の二重奏》石田幸太郎訳『ドイル全集第8巻』改造社
1910年に2編のエピソードを追加したセカンドバージョンが刊行されている。改造社版はファーストバージョンの全訳。
  The Story of the Latin Tutor   《窓に浮く影》延原謙訳『新青年 昭和5年9月』
  The Story of the Brown Hand   《茶色い手》西崎憲訳『ドイル傑作集3:クルンバーの謎』創元推理文庫
  The Croxley Master   《クロックスリーの王者》富塚由美『ドイル傑作集4:陸の海賊』創元推理文庫
1900年 The Crime of the Brigadier   《准将が狐を殺した顛末》上野景福訳『勇将ジェラールの冒険(3)」
  The Début of Bimbashi Joyce   《ヒラリ・ジョイス中尉の初陣》延原謙訳『ドイル傑作集4:冒険編』新潮文庫
  Playing with Fire   《火あそび》白須清美訳『ドイル傑作集2:北極星号の船長』創元推理文庫
  An Impression of the Regency   《摂政時代の印象記》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス
(実録)   The Holocaust of Manor Place   《マナ・プレイスのホロコースト》
笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集第36巻実録犯罪奇談』
(実録)   The Love Affair of George Vincent Parker   《ジョージ・ヴィンセント・パーカーの恋愛》
笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集第36巻実録犯罪奇談』
(実録)   The Debatable Case of Mrs. Amsley   《エムズリー夫人の疑問が残る事件》
笹野史隆訳『コナン・ドイル小説全集第36巻実録犯罪奇談』
長篇 1901年 The Hound of the Baskervilles ホームズ27 《バスカヴィル家の犬》日暮雅通訳、光文社文庫
連載はストランド誌1901年8月号〜1902年3月号
1902年 How Brigadier Gerard Lost His Ear   《准将が耳をなくした顛末》上野景福訳『勇将ジェラールの冒険(1)』
  The Leather Funnel   《革の漏斗》延原謙訳『ドイル傑作集3:恐怖編』新潮文庫
  How the Brigadier Saved the Army   《准将が軍隊を救った顛末》上野景福訳『勇将ジェラールの冒険(4)』
  How the Brigadier Rode to Minsk   《准将がミンスクに馬を進めた顛末》上野景福訳『勇将ジェラールの冒険(6)』
1903年 Brigadier Gerard at Waterloo   《准将がワーテルローで奮戦した顛末 1:森の居酒屋の話、2:九騎のプロシア軍騎兵の話》上野景福訳『勇将ジェラールの冒険(7)』
  The Brigadier in England   《准将がイギリスで勝利を収めた顛末》上野景福訳『勇将ジェラールの冒険(5)』
  How the Brigadier Joined the Hussars of Conflans(初出)   《准将がサラゴッサ市を占領した顛末》上野景福訳『勇将ジェラールの冒険(2)』
  How Etienne Gerard Said Good-Bye to his Master(初出)   《准将の最後の冒険》上野景福訳『勇将ジェラールの冒険(8)』
  The Adventure of the Empty House ホームズ28 《空き家の冒険》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of the Norwood Builder ホームズ29 《ノーウッドの建築業者》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of the Dancing Men ホームズ30 《踊る人形》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
1904年 The Adventure of the Solitary Cyclist ホームズ31 《美しき自転車乗り》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of the Priory School ホームズ32 《プライアリ・スクール》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of Black Peter ホームズ33 《ブラック・ピーター》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of Charles Augustus Milverton ホームズ34 《恐喝王ミルヴァートン》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of the Six Napoleons ホームズ35 《六つのナポレオン像》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of the Three Students ホームズ36 《三人の学生》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of the Golden Pince-Nez ホームズ37 《金縁の鼻眼鏡》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of the Missing Three-Quarter ホームズ38 《スリー・クォーターの失踪》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of the Abbey Grange ホームズ39 《アビィ屋敷》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
  The Adventure of the Second Stain ホームズ40 《第二のしみ》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの生還』光文社文庫
長篇 1905年 Sir Nigel   《ナイジェル卿の冒険》笹野史隆訳 原書房
連載はストランド誌1905年12月号〜1906年12号
1906年7月4日 最初の妻ルイーザが亡くなる
1907年9月18日  1897年3月15日から長年交際していたジーン・レッキーと二度目の結婚式 
参考文献 
A Bibliography of A. Conan Doyle :Richard Lancelyn Green/John Michael Gibson著
「日本におけるコナン・ドイル、シャーロック・ホームズ書誌 」新井清司編(詳注版シャーロック・ホームズ全集、ちくま文庫)
「コナン・ドイル書簡集」スタシャワー/レレンバーク/フォーリー編 日暮雅通訳
「コナン・ドイル小説作品邦訳書誌」藤元直樹編(日本古典SF研究会誌未来趣味8号、2000年発行)
「増補版 1983~2004年 ホームズ・ドイル文献目録」 新井清司・中原英一編(発行者:日本シャーロック・ホームズ・クラブ)
「ホームズ翻訳への道 延原謙評伝」 中西裕著
参考サイト:The Conan DoyLe Encyclopedia
協力:熊谷彰氏

[PR]カウンター