『コナン・ドイルの後期作品の研究』 (1908年〜1930年)
  
「二度目の結婚から心霊学の布教そして最期まで」の小説作品の原題と邦題及び内容紹介 
  
(内容紹介の連載は後日を予定しています)                                                                  by 関矢悦子

 『コナン・ドイル小説全集』は笹野史隆氏が2004年より120部限定で刊行している全集です。

コナン・ドイルの中期作品原題と邦題

発表順 発表年 原題 読む予定の邦題と収録本
1907年9月18日 1897年頃から交際していたジーン・レッキーと二度目の結婚式 
1908年 The Pot of Caviare   《カヴァイヤーの壺》横溝正史訳『ドイル全集第8巻』改造社
  The Grey Dress   The Flag誌の1908年5月号に掲載。1910年に刊行された《愛の二重奏》のセカンドバージョンに収録。
《グレーの婦人服》笹野史隆訳『北海文学90号』2002年
別訳には《鼠色》大谷繞石訳《女学世界》明治43年6月、《鼠色のお召し》内藤明延訳『中外英字新聞』大正5年8月1日
  The Silver Mirror   《銀の鏡》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:後編(1)』改造社
  The Adventure of Wisteria Lodge ホームズ41 《ウィステリア荘》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』光文社文庫
  The Adventure of the Bruce-Partington Plans ホームズ42 《ブルース・パーティントン型設計書》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』光文社文庫
1909年 A Discord    Nash's Magazine の1909年6月号に掲載。その後1910年に刊行された《愛の二重奏》のセカンドバージョンに収録。
《仲違い》笹野史隆訳『北海文学90号』2002年
  The Lord of Falconbridge   《フォールコンブリッヂ卿》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:後編(4)』改造社
  The Home-Coming   《帰宅》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:前編(9)』改造社
1910年 The Terror of Blue John Gap   《紫金洞の怪》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:後編(8)』改造社、別題に《青の洞窟の怪》延原謙訳『ドイル傑作集3恐怖編』
  The Marriage of the Brigadier   《中尉の結婚》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:後編(3)』改造社
  The Last Galley   《最後の戦艦》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:前編(1)』改造社
  The Coming of the Huns   《匈奴の襲来》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:後編(8)』改造社
  The Last of the Legions   《最後の軍団》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:前編(7)』改造社
  The First Cargo   《最初の積荷》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:前編(8)』改造社
  The Adventure of the Devil's Foot ホームズ43 《悪魔の足》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』光文社文庫
1911年 The Red Star   《赤い星》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:前編(10)』改造社
  The Contest   《力較べ》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:前編(2)』改造社
  An Iconoclast   《偶像破壊者》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:前編(4)』改造社
  The Adventure of the Red Circle ホームズ44 《赤い輪団》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』光文社文庫
  The Blighting of Sharkey   《シャーキィの穢れ》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:後編(2)』改造社
  Through the Veil   《戸張りの家》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:前編(3)』改造社
  別題に《ヴェールの向こう》西崎憲訳『ドイル傑作集2 北極星号の船長』創元文庫
  Giant Maximin   《巨漢マクシミン》和気津次郎訳『ドイル全集第8巻、最後の艦隊:前編(5)』改造社
  One Crowded Hour(初出)   《陸の海賊--事多き一刻》西崎憲訳『ドイル傑作集4陸の海賊』 創元推理文庫
  The Disappearance of Lady Frances Carfax ホームズ45 《レディ・フランシス・カーファックスの失踪》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』光文社文庫
長篇 1912年 The Lost World   《ロスト・ワールド》加島祥造訳『世界SF全集第3巻』早川書房

《失われた世界》に関しての研究(2021年6月1日 邦訳及び解説:熊谷彰)

「リカルド・フランコ丘陵とギアナ高地─『失われた世界』の台地のモデルについて─」

「ロバート・ピアリー祝賀昼食会スピーチ」本文 1910年5月4日付『タイムズ』紙記事

解説:「ロバート・ピアリー祝賀昼食会スピーチ」と"The Lost World"

  The Fall of Lord Barrymore   《バリモア公の失脚》西崎憲訳『ドイル傑作集4 :陸の海賊』 創元推理文庫

1913年

The Poison Belt   《毒ガス帯》永井淳訳『世界SF全集第3巻』早川書房
  How It Happened   《いかにしてそれは起こったか》西崎憲訳『ドイル傑作集: 北極星号の船長』創元推理文庫
  Borrowed Scenes   《借りものの情景》延原謙訳「ドイル傑作編4:冒険編』新潮文庫
  The Horror of the Heights   《大空の恐怖》西崎憲訳『ドイル傑作集2:北極星号の船長』創元推理文庫
  The Adventure of the Dying Detective ホームズ46 《瀕死の探偵》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』光文社文庫
1914年 Danger!   《危険!》駒月雅子訳『ドイル傑作集5 ラッフルズ・ホーの奇跡』創元推理文庫
長篇   The Valley of Fear ホームズ47 《恐怖の谷》日暮雅通訳 光文社文庫
  連載はストランド誌1914年9月号〜1915年5月号
1914年8月4日英国はドイツに宣戦布告。
1916年 The Prisoner's Defence   《被告の答弁》大木惇夫訳『ドイル全集第4巻』改造社
「1916年10月21日号の心霊雑誌『ライト』で死者との交霊を信じている、とカミングアウトした」とカーの伝記『コナン・ドイル』に記されているが、この日付の心霊雑誌『ライト』にはドイルの投稿文は掲載されていない。この日付に関してはカーの伝記限定の情報である(2019.8.13)

ドイルが死者との交霊を信じている、と告白した”A NEW REVERLATIN.(新しき啓示)”は心霊雑誌『ライト』誌1916年11月4日号の掲載されました。ドイル・エンサイクロペディアには該当ページのスキャン画像がアップされています。
しかし、『コナン・ドイル書簡集』p673では「1917年10月25日にロンドン心霊主義者同盟で演説をするという、あとには引けない決定的な行動」に出たことを「賽は投げられた」と表現しているように、一般に広くカミングアウトしたのは「1917年10月25日」と言っても良いかもしれません。(2019.8.28)

1917年 His Last Bow ホームズ48 《最後の挨拶》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』光文社文庫
長篇 1918年 Three of Them   《その三人》(1〜5)木村毅訳『ドイル全集第7巻』改造社
  掲載はストランド誌
  A Point of View   《一つの見方》大木惇夫訳『ドイル全集第4巻』改造社
1918年4月最初の心霊学に関する本『新しい啓示』を刊行。(『新しい啓示』の邦訳は新潮選書『コナン・ドイルの心霊学』に収録されている)
1918年10月28日 長男のキングズリーがインフルエンザで亡くなる。
1918年11月11日 休戦協定が結ばれる。
1919年2月19日  弟のイネスがベルギーにてインフルエンザで亡くなる。
1920年12月30日 母メアリが脳出血のため亡くなる。
1921年 The Adventure of the Mazarin Stone ホームズ49 《マザリンの宝石》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
 掲載はストランド誌10月号
  The Bully of Brocas Court   《ブローカスの暴れん坊》延原謙訳『ドイル傑作集3:ボクシング編(昭和35年)』新潮文庫
  The Nightmare Room   《悪夢の部屋》延原謙訳『ドイル傑作集1:ミステリー編』新潮文庫
1922年 The Problem of Thor Bridge ホームズ50 《ソア橋の難問》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
  The Lift   《昇降機》北原尚彦訳『ドイル傑作集5 ラッフルズ・ホーの奇跡』創元推理文庫
  A Point of Contact   《接触点》笹野史隆訳『最後のガレー船 私家版』(未見)
Tales of Long Agoに収録
  The Centurion   《百人隊長》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス
    (Three of Them)   Three of Them:6  Billy Bones (december 1922, The Strand Magazine)
Three of Them:7 The Forbidden
1923年 The Adventure of the Creeping Man ホームズ51 《這う男》 日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
1924年 The Adventure of the Sussex Vampire ホームズ52 《サセックスの吸血鬼》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
  How Watson Learned the Trick   《ワトスンの推理法修行》高田寛訳『シャーロック・ホームズ全集第6巻』河出書房新社
  別訳に《ワトスンの推理法修行》北原尚彦訳『ドイル傑作集1 まだらの紐』創元文庫
1925年 The Adventure of the Three Garridebs ホームズ53 《三人のガリデブ》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
  The Adventure of the Illustrious Client ホームズ54 《高名な依頼人》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
長篇   The Land of Mist   《霧の国》滝口直太朗訳
 連載はストランド誌1925年7月号〜1926年3月号
1926年 The Adventure of the Three Gables  ホームズ55 《三破風館》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
  The Adventure of the Blanched Soldier ホームズ56 《白面の兵士》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
  The Adventure of the Lion's Mane ホームズ57 《ライオンのたてがみ》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
1927年 The Adventure of the Retired Colourman ホームズ58 《隠居した画材屋》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
  The Adventure of the Veiled Lodger ホームズ59 《ヴェールの下宿人》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
  The Adventure of Shoscombe Old Place ホームズ60 《ショスコム荘》日暮雅通訳『シャーロック・ホームズの事件簿』光文社文庫
長篇   The Maracot Deep   《マラコット海淵》斎藤伯好訳 1、2、3『世界SF全集第3巻』早川書房
  1928年 ( 同上)    《マラコット海淵》 斎藤伯好訳4、5『世界SF全集第3巻』
  When the World Screamed   《地球の叫び》永井淳訳『世界SF全集第3巻』早川書房
  The Story of the Spedegue's Dropper  

《スペディグの魔球》西崎憲訳『ドイル傑作集4 陸の海賊』創元文庫

1929年 The Disintegration Machine   《物質分解機》永井淳訳『世界SF全集第3巻』早川書房
    (The Maracot Deep)    《マラコット海淵》斎藤伯好訳6、7『世界SF全集第3巻』
  The Death Voyage   《死の航海》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス
1930年 The Parish Magazine   《教区雑誌》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス
  The End of Devil Hawker   《デヴィル・ホーカーの最後》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス
  The Last Resource   《最後の手段》小池滋監訳『コナン・ドイル未紹介作品集3:最後の手段』中公ノベルス
         
1930年7月7日自宅で亡くなる(71歳)
参考文献 
A Bibliography of A. Conan Doyle :Richard Lancelyn Green/John Michael Gibson著
「日本におけるコナン・ドイル、シャーロック・ホームズ書誌 」新井清司編(詳注版シャーロック・ホームズ全集、ちくま文庫)
「コナン・ドイル書簡集」スタシャワー/レレンバーク/フォーリー編 日暮雅通訳
「コナン・ドイル小説作品邦訳書誌」藤元直樹編(日本古典SF研究会誌未来趣味8号、2000年発行)
「増補版 1983~2004年 ホームズ・ドイル文献目録」 新井清司・中原英一編(発行者:日本シャーロック・ホームズ・クラブ)
「ホームズ翻訳への道 延原謙評伝」 中西裕著
参考サイト:The Conan DoyLe Encyclopedia
協力:熊谷彰氏

[PR]カウンター