著作権代理人A・P・ワットからコナン・ドイルと関係者あてのビジネスレター(1891年3月〜6月)

  A・P・ワット『レター・ブック』第25巻閲覧報告- 1 (改訂版)   
                                                                                             翻訳と解説 熊谷彰  (公開日2018年4月14日:改訂版2018年9月10日)
   

1.はじめに
 著作権代理人A・P・ワットの通信記録がニューヨーク公共図書館バーグ・コレクションに残されている。ワットは《ボヘミアの醜聞》にはじまるホームズ短編が『ストランド』誌に発表されるとき、ドイルと『ストランド』誌の仲介役をつとめた。
 だから、この人物の通信記録はホームズ短編の『ストランド』誌掲載の経緯を知るための最重要資料だが、1998年のコナン・ドイル協会会誌『ACD』に「著作権代理人の冒険」と題する論文が掲載された。著者はピーター・D・マクドナルド。ワットの通信記録を調査してホームズ短編の『ストランド』誌掲載の経緯をさぐる論文であり、この論文の発表でそれまで曖昧だった多くのことが明らかになった。
 それから20年。今年3月1,2の両日にニューヨーク公共図書館でマクドナルド論文の主な資料であるA・P・ワット『レター・ブック』第25巻を閲覧することができた。
 その結果だが、ホームズ短編の『ストランド』誌への発表の経緯に関してはマクドナルド論文のすばらしさを確認する作業になった。しかし、同時に1891年5-6月の出来事について、まったく予想していなかった発見があった。
 そこで、この場をお借りして閲覧結果をご紹介したい(2018.4)

※最初の「閲覧報告」を発表してから約5か月。手紙の明らかな誤読と不十分な解説がいくつか見つかった。また、『グッド・ワーズ』向けの小説の仲介作業に関しては原稿料が交渉の焦点だったと考えるようになった。そこで、このたび5か月前に発表した内容を全面的に見直して、新しい報告に差し替えた。最初の報告をお読み下さった皆さまにはまことに申し訳ないですが、どうかこの訂正版にも目を通されるようお願いいたします(2018.9)

*コナン・ドイル協会は1989年に結成されて、『ACD』誌も1989年から刊行が始まった。現在、協会は活動を休止あるいは終了している。
*マクドナルド論文の正式名称は「著作権代理人の冒険:1891年のコナン・ドイル、A・P・ワット、ホームズと『ストランド』誌」(The Adventures of the Literary Agent: Conan Doyle, A.P. Watt, Holmes and The Strand in 1891).最初に『ヴィクトリア時代定期刊行物評論』誌1997年春号に発表され、翌年『ACD』誌に転載された。
*「バーグ・コレクション」の正式名称は「英米文学ヘンリー・W&アルバート・A・バーグ・コレクション」。ニューヨーク公共図書館内のリサーチ・ライブラリーのひとつである。


   
2.概要
 A・P・ワット『レター・ブック』はバーグ・コレクションが所蔵する「A・P・ワット&サン社記録文書」の一部である。ワットが色々な作家や編集者などへ出した手紙の写しを集めていて、バーグ・コレクションは第1-25巻を所蔵している。けれども欠巻が9巻あり、第19巻の次は最終巻第25巻になる。
「記録文書」のうち、今回は『レター・ブック』第25巻だけを閲覧した。その概要だがサイズはだいたいA4で、厚さは約5.5cm。半透明の紙に複写されたワットの手紙が本文である。本文は1002ページで、巻頭に数十ページの索引を付け、ハードカバーで1冊に束ねている。表裏の表紙に文字はなく、背表紙に「LETTER BOOK/Vol.XXV/Mar 1891-/June 1891.」と4行にわけて記してある。しかし、実際には1891年3月26日から6月13日までの手紙の写しを収録している。
 収録された手紙には手書きとタイプの2種類がある。手書きの手紙は判読が非常にむずかしいが、タイプの手紙は容易に読むことができた。
 ドイルあての手紙は20通前後で、差出日は1891年3月26日から6月11日までである。それに加えて、他の関係者あての手紙が10数通ある。ここではドイルあての手紙12通と、ミス・ドイル、『ストランド』誌編集長グリーンハウ・スミス、アメリカ新聞連合S・S・マクルーア、アメリカ出版人T・ローボーンあての手紙各1通の合計16通を日付順にご紹介していきたい。
 16通のうち3月31日付ドイルあての手紙は手書きだが、他の15通はいずれもタイプの手紙である。手紙の翻訳には閲覧の際にとったコピーやメモを用いた。〈 〉内は本文のページ数、[ ]内は編者による補足である。最終章に30数通の手紙の一覧表を添付した。
     


     
「コナン・ドイルの全作品の内容紹介と解説」に戻る
「コナン・ドイルの世界」に戻る