コナン・ドイルの全作品の内容紹介と解説・感想(その1:初期作品 1879年〜1893年)
   「ササッサ谷からライヘンバッハの滝までの小説」
(ネタバレあり)  by関矢悦子 協力:熊谷彰
 

《都市郊外で》の解説:「テニソン・ロード12の新しい住まい」と「稿料のアップ」について (2018年10月15日)

    原題:Beyond the City
初出誌:1891年『グッド・ワーズ』誌のクリスマス号
初邦訳収録本:『コナン・ドイル小説全集第22巻」2009年5月刊行
初邦訳題:《都市郊外で》笹野史隆訳
参考邦訳:同上

《都市郊外で》の内容紹介

    ★「テニソン・ロード12の新しい住まい」と「稿料のアップ」について
   
 1891年3月末にロンドンに戻って来たコナン・ドイルの執筆そしてインフルエンザ罹患については「インフルエンザによる大決心と罹患した日についての考察」に記しましたが、開業医を止めたコナン・ドイルはピアソンの伝記によると6月25日にサウス・ノーウッドの新興住宅地テニソン・ロード12に妻と娘そして妹のコニーと転居してきました。
  関連地図Aで判るようにロンドンの二つの中心地に行く路線の最寄りの駅が歩いて10分ほどのところにある便利な場所にあり、家はレンガ造りで間口はそれほど広くはないですが、関連地図Bによると70メートルほどある裏庭があるのが判ります。この細長い裏庭にヒントを得て執筆したのが長篇《都市郊外で》です。
 
 


    ★住んでいた期間については下記の年表「ドイルのサウス・ノーウッド、
     テニスン・ロード12
での居住期間」に詳しく記してあります。

     また、この作品は『グッド・ワーズ』誌とコナン・ドイルの間で折り合わない執筆条件を著作権代理人ワットによる熱心な仲介によって契約がまとまった作品ですが、詳しい経緯は「A・P・ワット『レター・ブック』第25巻閲覧報告 4.『グッド・ワーズ』誌とインフルエンザ」をご覧下さい。
     知られてない作品なので解説のページですが《都市郊外で》の内容を簡単に説明をすると、
「同時期に建てられたロンドンの郊外住宅に移り住んだ三家族が、裏庭にある共有のテニスコートの存在により社交的な面倒な手続きもなしで自然に近しい間柄になり、短期間で二組の婚約が成立しました。そしてシティで投資会社の経営をしていた三家族の一人の青年が共同経営者であるペテン師のいかさまにより巨額の負債を負わされた結果、破産者と言う烙印をおされる可能性がでたのです。この青年を助ける為にそれぞれが出来る行動をして絆を深めたのですが、二組の結婚と一家族が米国での新しい生き方を選んだことにより、郊外住宅での三家族の交友関係が発展的解消をする」という物語です。
 ロンドンの一極集中化についてはジャーナリストのウィリアム・コベットは1821年12月4日付けの日記に、無秩序そして急激な膨張をしつづけるロンドンのことを「おできの親玉」と表現しています。また、1880年アフガン戦争から帰還したジョン・H・ワトスンは《緋色の研究》のなかで「大英帝国でありとあらゆる無為徒食のやからが押し流されてゆく先、あの巨大な汚水溜めのようなロンドン」とコベットが言っていた広がりと共に密集化している様子を描いています。
 このように19世紀初め頃から膨張と密集化が進むロンドンはスラム化した地区、空気の悪さなどから逃げ出す中産階級向けの住宅がテムズ川の南側に広がっていました。なかでも汽車で30分ほどのノーウッドは中産階級が住むベッドタウンとして発展していました。
   


  具体的な部屋数はドイルは記していませんが、《都市郊外で》の住人たちが住んだ家は「木のバルコニーと張り出しているつひさしがついて」いるので宣伝文章は
「スイス風造り郊外住宅三軒、十六室、地下室無し、電気呼び鈴、給湯・給水などあらゆる近代設備完備、共有のテニス用芝生付き、賃貸の場合家賃百ポンド、購入の場合は千五百ポンド」という物件でした。
 では、コナン・ドイルが住んだテニスン・ロード12の住宅の外見は、「ノーウッドにあるコナン・ドイル博士の小さな家に入ると、典型的な文学者には少しも見えない、非常に大柄で快活なスポーツマンがわたしを出迎えて来てくれた」(ブックマン誌1892年5月号)、そしてストランド誌1892年8月号にはインタビュアーの「サウス・ノーウッド地区にある美しい造りの、つつましい外見の赤レンガ造りの家」という説明とともにドイル宅の全景(図版1)が載っています。この写真で判るように前方から見ると奥行きが判らないのでブックマン誌のインタビュアーは「コナン・ドイル博士の小さな家」と記したのでしょうか。コナン・ドイルが移り住んだ百年後の1992年2月頃に撮った写真(図版2、3、4)で見ると奥行きが判り、「図版1」で見るよりは大きな家のようですが、人気作家の家としては小さかったのかも知れません。
 また、1892年撮影の図案1とほぼ同じ角度からの写真は『シャーロック・ホームズへの旅』(小林司/東山あかね著1987年刊行)p115にも載っています。
 

   

  1891年6月25日にサテニソン・ロード12に転居したコナン・ドイルは転居後すぐに地元のクリケット・チームに入り、6月30日には試合をしていますが、7月8日には4万余字の《都市郊外で》の原稿を発送しています。また、二人乗りの自転車で妻ルイーザとの15マイルのサイクリング、細長い裏庭ではゴルフの練習をするなど、創作活動とスポーツを楽しむ毎日でした。
 そして、ワットがアメリカの著作権の法律施行を考えて雑誌掲載日を遅らせるようにストランド誌へ働きかけたため、ホームズ物語の第1作《ボヘミアの醜聞》はストランド誌の7月号に載りました。当初から予定していたホームズ物語第6作の《唇のねじれた男》をドイルがワットに送ったのはライセットの伝記によると8月10日です。
 残されているワットの手紙には、原稿を受け取ったストランド誌編集者の具体的な感想は書かれてませんが、 雑誌掲載のあとの読者の反響が良かったのでしょうか、10月14日付けの母メアリ宛の手紙には「《ストランド》はひたすらシャーロック・ホームズを書き続けてほしいと言ってきています」と書かれています。そして「 シャーロック・ホームズの物語はこれまで平均して約35ポンドの収入になっていたので、この(ストランド誌)手紙の返信には、作品の長さに関係なく、それぞれ50ポンドの原稿料を払ってくれるなら、書くかどうか検討する」とストランド誌に返事を送っています。これを字数に関係なく単純計算すると1.4倍の稿料アップです。
 このコナン・ドイルの申し出にストランド誌は即答でOKをだしたのでしょう、10月29日付の母宛の手紙に「先週はシャーロック・ホームズの新作を二本---《青いガーネット》と《まだらの紐》を書き上げました」と記したあとに「九作目まではアイデアが固まっている」とも書いています。
 母宛の手紙によると11月18日までに《独身の貴族》《技師の親指》《緑柱石の宝冠》を書き上げ、翌年の1月6日までに《ぶな屋敷》を書き上げてますが、「これでシャーロックともお別れです。でもお母さんの命乞いのおかげで、彼はまだ生きています」とも記しています。《ぶな屋敷》の話の流れだと犬に噛まれるのはホームズだったのでしょうか。すべてのホームズファンは母メアリの命乞いに感謝しなくてはいけませんね。
 さて、稿料がアップしたのはホームズ物語だけではありませんでした。二年前に100ポンド出すなら長篇を書くというコナン・ドイルの申し出を断っていたアウロスミスという人物との直接交渉では「5万語の本を前払金250ポンド、印税20パーセント、アメリカ等の著作権は執筆者」というこれまでにはない好条件で契約をしています。
 ストランド誌の編集者やアウロスミスに対してのコナン・ドイルの強気な態度は、著作権代理人ワットがコナン・ドイルの価値を認め優位な契約を結ぶ努力をしていたのが判っていたのでしょう。ワット宛に以下の礼状を1891年12月に送っています。

   

……………………………………………………
サウス・ノーウッド、テニスン・ロード12番地
1891年12月14日
ワットさま

 我々の関係は私にとってあらゆる面で最高に満足できるものでした。 あなたがご親切にも私の作家業務の
扱いを引き受けてくれてから、稿料の金額が上がり、自分の時間が増え、癪の種は減ったとためらわずに
言えるのです。あなたの変わらぬ慎重で迅速な仕事ぶりに感謝いたします。

親愛なる、A・コナン・ドイル
(訳:熊谷彰)

 

12 Tennyson Road,
     South Norwood,
             Dec.14,1891.
Dear Mr. Watt,
Our connection has been most satisfactory
to me in every way. I can unhesitatingly say
that I have had better prices,more time to
myself, and less exasperation, since you
were good enough to take over the management
of my business affairs. Thanking you for
your invariable carefulness and promptness,

       I am, very truly yours,
                       A. Conan Doyle.
                     
         明治39(1906)年刊行『名家尺牘集』より(初出は雑誌『青年』明治33年6月25日)資料提供:新井清司氏


……………………………………………………

  1891年のホームズ物語短編の稿料を1編50ポンドでコナン・ドイルは満足をしていますが、12年後の1903年にはアメリカの出版社『コリアーズ・ウィクリー』誌からは1編1000ポンドという桁違いの好条件の申し出があったのも、著作権代理人ワットの最初の売り込みの手腕が大きく実を結んだ結果と言えそうです。



   
参考年表:ドイルのサウス・ノーウッド 、テニスン・ロード12での居住期間及び執筆作品
月日 出来事 根拠となる文献等
1891 6月25日

サウス・ノーウッド、テニスン・ロード12へ引っ越す

ピアソンのドイル伝(日本語版p.139)
  7月8日 《都市郊外で"Beyond the City"》を発送 ピアソンのドイル伝(日本語版p.157)
  《都市郊外で》における大きな相違点 ピアソンの伝記によると「6月1日付けの契約でGood Words誌に”Good Cheer”という題名で42000文字の小説を150ポンドで書く、締め切りは9月1日。そしてこの作品は”Beyond the City”と題名が変更になった」
ランセリン・グリーン&ギブソンの『ドイル書誌」には「”Beyond the City”はGood Words誌の1891年版クリスマス号である”Good Cheer”誌に掲載された」
1893 9月 妻ルイーズ、結核と診断される ドイルのポケットダイアリー
   
テニスン・ロード12に転居してから、妻のルイーズの病気が判るまでの2年3月の間に執筆した小説は
大長編: 《亡命者》
長篇: 《都市郊外で》《ナポレオンの影》
短編: ホームズ物語以外10作品:《へまなスタート》《勝算無しに》《深き淵より》《ブラウン・ペリコード発動機》《連隊のスキャンダル》《ジェランドの航海》《過ぎたるは・・・》 《緑の旗》《「いだてんのサル」号》《サノックスの奥方》
短編: ホームズ物語19作品:《唇のねじれた男》《青いガーネット》 《まだらの紐》《技師の親指》《独身の貴族》《緑柱石の宝冠》《ぶな屋敷》《名馬シルヴァー・ブレイズ》《ボール箱》《黄色い顔》《株式仲買店員》《グロリア・スコット号》《マスグレイヴの儀式書》《ライゲイトの大地主》《背中の曲がった男》《入院患者》《ギリシャ語通訳》《海軍条約文書》《最後の事件》
  10月10日 父チャールズがスコットランドの精神病院で死去
  11月2日 ルイーズ、結核療養地のスイスのダボスに到着
スイスのローカル新聞
  11月13日 ドイル、英国内での講演旅行 『ドイル書簡集』
  12月14日 ドイル、ダボスに到着 スイスのローカル新聞
1894 3月23日 ドイルはダボスからアローザまでスキーで峠越え 同上
  5月11日

ドイル、アッパー・ノーウッド文芸科学協会の年次総会に出席。
2年間2期続けた会長を辞める。委員として残留した模様。

"The Norwood Author"による資料
ローカル誌の『ノーウッド・ニュース』
 

1894年夏「サウス・ノーウッドにて」というキャプションのついた写真がある。写っているのはドイル、妻ルイーズ、妹と作家仲間2人の計5人、初出は『アイドラー』誌1894年10月号そして『マクルーア』誌1894年11月号にも掲載された

雑誌に載った写真
  9月8日 ノーウッド・クリケット・クラブの試合に選手として出場。9月8日の試合はこの年のシーズン最後の試合 "The Norwood Author"による資料は
ローカル誌の『ノーウッド・ニュース』
  9月14日 母宛の手紙に「自分は渡米の準備中」で、「妻ルイーズはダボスに出発したこと」が記されている 『ドイル書簡集』
  9月15日 9.15付け同誌の記事に「ドイル博士、当地から離れる予定」という文言あり "The Norwood Author"による資料は
『ノーウッド・ニュース』紙に掲載
   
妻ルイーズの病気治療のためのダボス滞在とテニスン・ロード12での生活(約1年間)に執筆した小説
長篇: 《スターク・マンローからの手紙》(自叙伝的小説)
短編: 《黒館の主》《寄生体》《准将が勲章をもらった顛末》《外務省のロマンス》
短編集『赤い灯のまわりで』収録作品《ホイランドのお医者さん達》《恋人達》《老先生》《はじめての手術》《三代目に生まれて》《イヴの呪い》《医者たちのドキュメント》《外科医は語る》
  9月23日

弟イネスと共にサウサンプトンからアメリカへ出発。

『ドイル書簡集』
  12月14日

帰国の船上からシャーロット・ドラモンドへ手紙によると、ノーウッドの借家を引き払ったことがわかる。

『ドイル書簡集』
1895   テニソン・ロード12のコナンドイル宅は空家になっている "The Norwood Author"による資料は
この地域の住所録(local street directories)