第12章 ホームズ物語の全体的評価

3 「殺す・集める・読む」のホームズ論
4) 標本としての世界

 ホームズ物語には多くの収集狂が出てきます。これも19世紀末という時代のなせるわざというのが高山の主張であります。彼が著書「殺す・集める・読む」のなかで取り上げている例を以下に示せば、まず《バスカヴィル家の犬》に昆虫収集家ステイプルトンの「部屋は小さな博物館のようになっていて、壁ぎわには、数多くの蝶や蛾の標本がぎっしりと納められた、ガラス蓋のケースが所狭しと置かれて」いたという記述があります。《三人ガリデブ》に出てくるネイサン・ガリデブの部屋も同類であり「まるで小さな博物館であった。奥行きも幅も広い部屋で、地質学の標本や解剖学の標本がごちゃごちゃと詰まった戸棚や陳列用ガラス戸棚があちこちに置かれていた。入り口の両側には蝶と蛾の標本ケースが積んであり、中央の大きなテーブルはあらゆる種類のがらくたで埋まっていて、その中から強拡大の顕微鏡の長い真鍮パイプが突き出ていた。(略)こちらに古代コインの箱があるかと思えば、あちらには石器の陳列棚があった。中央のテーブルの後ろには化石骨の入った大きな戸棚があった。その上には『ネアンデルタール人』とか『ハイデルベルク人』『クロマニョン人』という名札がついた石膏の頭蓋骨が並んでいた」とワトスンは記述しています。また《高名な依頼人》に登場するグルーナー男爵も書籍や絵画の収集家で、中国陶器の大家でもありましたが、彼にもてあそばれ捨てられた女が「ホームズさん、あの男は女を収集しているんですよ。蛾や蝶を集める人間がいるように、あいつは女を収集して、そのコレクションを自慢するんですよ」と語っています。
 ヴィクトリア朝時代は博物学の黄金時代でありました。高山は「それが先に述べた室内崇拝と結びついて、ステイプルトンの『博物館ふうの』部屋やガリデブが『まるで小さな博物館』にしている部屋という表現をとったところに世紀末の面白さがある」と述べ「ホームズが自分の記憶を部屋のメタファー〔暗喩〕で語る(“brain attic”『頭脳というちっぽけな屋根裏部屋』)のも、時代の感性とのつながりがあるのだ。『そこでは家が城砦や寺院であるばかりか、博物館でもある』文化が問題なのである。(略)人々が集めるもののがらくたは、彼らの精神の不安と倦怠にそっくり見合うものであった」と述べています。この世紀は作家たちがその健啖な『描写』によって、同時代の無限の情報と百科事典的知識からの引用をふんだんに織り合わせたエクリチュール(書かれたもの)、つまりテクスト(織物/書き物)として、その時代あるいは世界を取り込む時代であったというのが高山の主張でありまして、彼はこの「博物館と化したエクリチュール」とのつながりなくしては「テクストとしてのホームズ作品には理解不能の部分が余りにも多すぎる。ホームズを読むとは、どうやら文化史の総力戦なのだ」と述べています。
 さらに高山はこう続けます。「物語の終りでホームズが『以上がこの事件の一部始終だよ、ワトスン君。君のコレクションに役立つなら、好きなように使っていいよ』と言い放つパターンが一貫しているのだ。(略)してみるとワトスンはまず何よりも、書く収集家なのである。ぼくの年代記作者、伝記作者と、ホームズはワトスンのことを言う。ともかくワトスンの体験が彼の備忘録か日記かに一度文字として収集された後、さらに彼の『編集』が加わったという、徹底して文字の中にしか存在しない世界が、われわれの前にあるホームズ作品というわけである」。そう言えば、たとえば《覆面の下宿人》の冒頭でワトスンはこんなことを言っています。「シャーロック・ホームズが二十三年間にわたり探偵として活動し、そのうち十七年間はわたしが協力し、業績を記録することを許されたことを考えれば、私の手許には、自由に使える資料が大量にあることは明らかなことであろう。そのため、問題となるのは、探すことではなく、選択することであった。棚一段いっぱいには年鑑がずらりと並び、書類が詰まった書籍箱がある。これは後期ヴィクトリア朝の犯罪を研究している者にとってだけではなく、社会や官界のスキャンダルを研究する者にとっても完璧な情報の宝庫である」と。
蝶を採集中のスティプルトン
《バスカヴィル犬の家》
S・パジェット画




 ところで、ホームズ自身もまた物語のなかに収集家として現われている、と高山は指摘しているのであります。ホームズはしばしばワトスンに「すまないが、ぼくの索引を調べてみてくれないか」と頼みますが、ワトスンが《ボヘミアの醜聞》で語っているように「ホームズは長い間、さまざまな人物やことがらに関するメモを整理して索引を作っている。だからどんな問題や人物が出てきても、すぐにそれに関する情報がわかる」のでした。こうして世界は、ホームズの索引とワトスンの日記で二重に文字へと平板化され、ホームズの部屋の中へ、アルファベット順のパノラマ的秩序の中へ、そしてコナン・ドイルの意識に中へと取り込まれていき、世界が文字へと標本化されると言ってもよいのであります。捜査の材料が増えていくこと自体がホームズにとっては喜びであり「材料がどんどんふえていくぞ」と言いながら、彼は両手をこすり合わせて、うれしそうにくっくっと笑うのであります。そして「事実を集めないうちに理論を組み立てるのはあやまちだ」というのを口実にして、ホームズは事実そのものの集積、すなわち索引のための材料のコレクションに熱中しているのです。史上最大の英語辞典OEDの編集によってアルファベティカルなパノラマ的秩序の中に世界をミニチュア化し、標本化するにいたった19世紀末文化とホームズ作品とは絶対に無縁のものではない、というのが高山の論旨であり、彼はそれをもってホームズ物語の誕生が世紀末でなければならなかった根拠の一つと考えたのであります。