第1章 偉大なる変人、シャーロック・ホームズ

 ホームズ物語の魅力の主たる源泉の一つがホームズのキャラクターにあることに異論を唱える人はまずいないといってよいと思います。英文学者高山宏はその著作「殺す・集める・読む」(高山宏著 東京創元社 2002年刊)のなかでこう言っています。「ホームズ作品からホームズの活躍する部分を取り除くというのも無粋な思いつきだが、仮にホームズのいないホームズ作品というものを考えてみると、残るものは確かに世紀末としか言いようのないビザルリー(異常)とグロテスク(醜怪)の趣味だけである」と。ことほどさように、ホームズのキャラクターはホームズ物語の重要部分を占めているのであります。
 さて、われらのヒーロー、ホームズは非凡といえば聞こえはいいのですが、「変わり者」であります。この章では、ホームズがワトスンと初めて出会ったときの情景に凝縮されているホームズの人物像を中心に、ホームズのどこがどう変わっているのか、その変人ぶりを確認しながら、彼の偉大さに迫ってみることといたします。本章ではそれを次の順序で進めていくことにいたします。




1. ホームズとワトスンの
      「幸運な出会い」



7. 演出家兼俳優ホームズ



2. ホームズの非凡な
   観察力と推理力(1)

ホームズの非凡な
   観察力と推理力(2)



8. ホームズの優越感
3. ホームズの知識



9. ホームズの純粋さ、誠実さ
4. ホームズと化学実験



10. ホームズの情熱
5. 非情な真理探究者ホームズ



11. ホームズの腕力
6. ホームズの性格の二面性



12. そのほかの側面