(最終更新2016年2月14日) 
書籍名『シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活』
     
(当ページで連載していた「ホームズ物語の食卓風景」を改稿整理したものです)
★2014
年3月28日
    原書房 A5判/287頁/定価2520円(本体価格2400円) 
    関矢悦子 日本シャーロック・ホームズ・クラブ会員
 
   アマゾンの注文ページです


★2015年3月12日
『シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活』が台湾の出版社:麥浩斯から
  『福爾摩斯的飲食與生活研究』という題で刊行されました。

     



★2014年7月17日
『ユリイカ 2014年8月増刊号』 シャーロック・ホームズ ---- コナン・ドイルから『SHERLOCK』へ
上記の本に拙稿「シャーロック・ホームズの食卓」を載せて頂きました。
目次をみると富山太佳夫先生と高山宏先生の間に名前があり「恐悦至極」という感じです。

★2015年3月25日
  『シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活』が「第37回日本シャーロック・ホームズ大賞」
受賞いたしました。
詳しい内容はこちらをご覧ください。

★第2刷(2014年6月4日)で訂正したのは以下の10箇所です。
  目次の最後の頁の「・・・・ソア橋の難問」のフォントの大きさを訂正
  p12(上段)炭酸水製造器のルビ「ガゾジーン(誤)→ガソジーン(正)」
  p43の「カキのイラスト」の「図版99(誤)→図版32(正)」
  p44(下段)「また食事をする人数と、(誤)→また献立は、食事をする人数と、(正)
  p86(下段)太文字の「イギリスにおいて調整され、(誤)→ イギリスにおいて最初に調整され、(正)
  p92(上段)「簡単に入れことの(誤)→ 簡単に入れることの(正)」
  p97の表Fの中のバン(バウンズ)の項目「温めの(誤)→温めた(正)」
  p116(注7) の「1669年12月まで(誤)→1669年5月まで(正)」
  p214(上段)「ある用でオックスフォード街(誤)→ある用事でオックスフォード街(正)
  奥付「日本シャーロック・ホームズ協会会員(誤)→「日本シャーロック・ホームズ・クラブ会員(正)」     

「ホームズ物語の食卓風景」と題して連載していた時は下記の表のように原作の発表順でしたが、
 『シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活』では内容別の6章立てになっ
 ています。
★また誌面の都合でサイトに載せていた年表や内容の一部をカットしていますが、このカット分等を
ご紹介中です。
 
管理人みっちょん

番外編:ヴィクトリア時代におけるファッションの流行と挿絵でみるホームズ年代学 
 シャーロック・ホームズの挿絵のモデルとされているウォルター・パジェットの写真を紹介(2015年9月29日アップ)

ヨーク市における各家庭での毎日の朝食メニュー 《ノーウッドの建築業者》事件
 (「貧困:地方都市生活の研究」(邦題は『貧乏研究』)掲載メニューより)(2015年8月31日アップ) 

イギリスにおける1歳未満の子どもの死亡率と死亡数年表(1838年〜1978年)《サセックスの吸血鬼》事件
 (『シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活』p71の(注3)に記している、割愛した表)
 (2015年7月30日アップ) 


鉄道会社勤務者(使用人なし)の1901年6月22日から28日の献立表簿《緑柱石の宝冠》事件等
(2015年6月30日アップ)

鉄道会社勤務者(使用人なし)の1901年6月22日から28日の家計簿《緑柱石の宝冠》事件等
(2015年5月30日アップ)


ホームズ物語に登場する家事使用人リスト《ショスコム荘》事件
(2015年2月8日アップ)

四輪馬車の馭者D氏宅の1901年2月16日から22日に食した1日の摂取カロリー《まだらの紐》事件
(2015年1月1日アップ)

四輪馬車の馭者D氏宅の1901年2月16日から22日の家計簿《まだらの紐》事件 
  (「貧困:地方都市生活の研究」(邦題は『貧乏研究』)掲載の支出より)(2014年12月1日アップ)

ホームズ物語に出てくる「下宿関係一覧表」《赤い輪団》事件
(2014年11月2日アップ)

各家庭で食べられていた「プディング」調査表《六つのナポレオン像》事件 
 (「貧困:地方都市生活の研究」(邦題は『貧乏研究』)掲載メニューより)
(2014年10月3日アップ)

「朝食の飲み物と購入した飲み物」表《海軍条約文書》事件
(「貧困:地方都市生活の研究」(邦題は『貧乏研究』)掲載メニューと買物帖より)(2014年9月9日アップ)

「茶と砂糖の歴史」年表《ライオンのたてがみ》事件
(2014年7月28日アップ)


英国カレー料理年表《名馬シルヴァー・ブレイズ》事件
(2014年6月22日アップ)

ホームズの心になりて詠める詩《ボスコム谷の謎》事件
(2014年5月21日アップ)

「最初に考えたカットレットのレシピ」《金縁の鼻眼鏡》事件
(2014年5月6日アップ)

新刊・近刊・重版案内」に載っている表紙画像について(初版のみ)
(2014年4月19日アップ)

ラウントリー著『貧乏研究』について
(2014年4月13日アップ)
 

      

1 緋色の研究
ベイカー街の下宿代、紅茶、コーヒー、ゆで卵など
31 美しき自転車乗り
パブについて
2 四つの署名
ハムエッグ、紅茶、コーヒー、水ギセルなど
32 プライアリ・スクール
チョコレート(飲み物)とココアについて
3 ボヘミアの醜聞(スキャンダル)
ガソジーン(炭酸水製造器)とソーダー割りウィスキーについて
33 ブラック・ピーター
タンタラス(酒瓶台)とスクランブルエッグについて
4 赤毛組合
薫製ニシンのキッパーとブローターについて
34 恐喝王ミルヴァートン
刑務所の食事内容
5 花婿の正体
ウェディング・ケーキのレシピ
35 六つのナポレオン像
プディングについて
6 ボスコム谷の謎
ホームズの愛読書「ペトラルカ詩集」について
36 三人の学生
グリーンピースの料理について
7 オレンジの種五つ
中産階級以上のアルコール依存症について
37 金縁の鼻眼鏡

ホームズがコーヒーを入れた器具とコーラム教授が注文した
Cutletsについて

8 唇のねじれた男
使用人のいる家庭の1週間のメニュー(1901年)
38 スリー・クォーターの失踪
飲料水について
9 青いガーネット
ガチョウのローストのレシピと切り分け方
39 アビィ屋敷
Weddingについて
10 まだらの紐
農産物への投資の値下がり理由
40 第二のしみ
ウェディング・ドレスとウェディング・ケーキ
11 技師の親指
ベーコン・エッグの歴史と階級間の摂取カロリーの格差
41 ウィステリア荘
家庭でのおもてなし料理
12 独身の貴族
ゲーム(猟の獲物)とフォアグラのパイについて
42 ブルース・パーティントン型設計書
イタリアン・レストランとロンドンの外食について
13 緑柱石の宝冠
野菜について
43 悪魔の足
ディナーとサパーの違い、カキ(oyster)について
14 ぶな屋敷

教育について(1)

44 赤い輪団
ホテル、プライベート・ホテル、下宿屋(boarding-house)について
15 名馬シルヴァー・ブレイズ
「マトンのカレー料理」と英国カレー料理の歴史
45 レディ・フランシス・カーファックスの失踪
ワトスンと夏目漱石の下宿(lodgings)探しについて
16 ボール箱
料理ストーブ(オーブン)について
46 瀕死の探偵
病人食と看護について
17 黄色い顔
ホップとビールについて
47 恐怖の谷
娯楽施設としてのパブ、ミュージック・ホール、劇場について
18 株式仲買店員
社会保障制度と保険について
48 最後の挨拶
ビスマルク体制、潜水艦、第一次大戦時の配給
19 グロリア・スコット号
船上での食事
49 マザリンの宝石
馬車について
20 マスグレイヴ家の儀式書
ブラック・コーヒーとコーヒーの歴史について
50 ソア橋の難問
ガヴァネス(女家庭教師)とトリックについて
21 ライゲイトの大地主
題名、ストランド・マガジンNY版、ハーパーズ・ウィクリーについて
51 這う男
「プレスベリー教授の悩み」について
22 背中の曲がった男
茶の効能について
52 サセックスの吸血鬼
アヘンと乳幼児の死亡率について
23 入院患者
寝覚めの紅茶について
53 三人のガリデブ
遺産と相続について
24 ギリシャ語通訳
「午後のお茶」のお茶請けについて
54 高名な依頼人
シンプソンズとカフェ・ロイヤルそしてトルコ式風呂について
25 海軍条約文書
茶とコーヒーの比率、ミルクティーについて
55 三破風館
ドイツの砂糖王について
26 最後の事件
《最後の事件》の真相
56 白面の兵士
19世紀末の英国の食料事情について
27 バスカヴィル家の犬
缶詰について
57 ライオンのたてがみ
茶と砂糖の歴史について
28 空き屋の冒険
ブランデーについて
58 隠居した画材屋
カップル(夫婦・婚約者・恋人)について
29 ノーウッドの建築業者
朝食について
59 ヴェールの下宿人
「教育について(2) 」
30 踊る人形
海水浴について
60 ショスコム荘
家事使用人について
                   










 





[PR]カウンター