第3章 女性群像
 ホームズ物語には多くの女性が登場しますが「シャーロック・ホームズ大事典」の『ホームズ物語の女性たち』の項(執筆 東山あかね)によれば、ホームズ物語に登場する女性は全部で163名にのぼるそうであります。そこには、明らかにヴィクトリア女王を指している「さる高貴なご婦人」を頂点に、上は大臣夫人から、下は暗黒街に身を沈めた女性にいたるまで、あらゆる階層の女性が含まれていて、彼女たちの生きざまを見ていけば、19世紀末のヴィクトリア朝という時代の一端を垣間(かいま)見ることができるのであります。19世紀は女性の社会的進出が始まった時代といわれておりますが、それはタイプライターや電話の普及にともない、タイピストや電話交換手のような働き口が女性に提供されはじめた1870年代以降のことであります。それ以前は、働く必要がないことを理想とした上流階級の女性と、生活のために働かざるをえなかった下層階級の女性との間に挟まれた中産階級の女性にとって、働く場所はきわめて限られていて、極端に言えば、成功した一握りの芸術家やジャーナリストを除けば、彼女らが誇りを捨てることなく働けるまともな職業といえば、家庭教師(ガヴァネス)がほとんど唯一のものだったといわれています。この章ではホームズ物語に登場する女性たちを、以下のとおり職業別に見ていくことにします。
1. 芸術家と芸能人 5. 家政婦
1) アイリーン・アドラー

2) カリーナ

3) ノーマン・ネルーダ


1) レキシントン夫人 
2) マーカー夫人
3) マーサ

4) ジョルジュ・サンド
6. メイド
5) フローラ・ミラー

6) ユージニア・ロンダ
1) メアリ・ジェイン
2) アガサ
3) ティリーザ・ライト
4) スーザン・ストックデイル
2. 家庭教師(ガヴァネス)  
7. 貴族──働かなくてもよい階級のご婦人たち
1) メアリ・モースタン 
1) 貴族階級の具体的なイメージ
2) ヴァイオレット・ハンタ
2) ヒルダ・トリローニ・ホープ夫人
3) ヴァイオレット・スミス
3) メアリ・ブラックンストール夫人
4) グレイス・ダンパー 
4) レイディ・フラーンシス・カーファッ クス
5) その他の家庭教師
5) 匿名の貴婦人
3. タイピスト 
8. 最下層の女性
1) タイプライターについて
1) 最下層社会の実態
2) メアリ・サザランド
2) キティ・ウィンター
3) ローラ・ライオンズ
3) かって知っていた一番魅力的な女性
4. 下宿屋の女将 
1) ハドスン夫人 
2) その他の女家主たち